著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「青春18きっぷ2010」(18)

 雪の駅前を歩いたあと、森駅に戻り、長万部行1両のジーゼルカーが停車しているホームへと、跨線橋を渡る。

 ちょうどその時、函館発札幌行の特急「スーパー北斗1号」が到着。6両編成の「スーパー北斗1号」と1両編成の長万部行が並んだ光景は目に残った。背景が雪景色なので、よけいにゾクゾクッとするようなシーンになっている。

 8時00分、大沼始発の普通列車が到着。これにはちょっとびっくり。というのはこの列車はぼくの乗った長万部行よりも1時間近くも後に大沼駅を出ているからだ。

 前回ふれたように、大沼駅で函館本線は山側ルートと海側ルートに分れ、その2本のルートは森駅でまた一緒になる。

 海側ルートの長万部行が大沼駅を出発したのは6時44分。山側ルートの大沼始発森行の普通列車が大沼駅を出発したのは7時30分。44分遅れて出発した列車が、森駅で先行する長万部行に追いついた。それに驚かされたのだ。

 本数極少の函館本線で、先行の列車に追いつけるなんて。
『函館本線殺人事件』か何かの鉄道ミステリーのトリックに使えるネタではないか…と思ったりした。もうすでに、そういう作品が出ていたりして。

 森駅に31分停車した長万部行は8時05分に発車。乗客はぼく1人…。
 森を出ると、内浦湾(噴火湾)がよく見えるようになる。右手の車窓いっぱいに雪雲のたれこめた鉛色の海が広がっている。内浦湾の湾岸一帯もかなり激しく雪が降っている。

 北海道の幹線、国道5号が函館本線の線路と平行して走っている。普段だと法定速度をはるかに超える速度で車が走る国道5号だが、さすがに降りしきる雪にはかなわないようで、どの車もかなりスピードを落としている。そのため、長万部行の列車は次々と車を追い抜いていく。

 桂川、石谷、本石倉、石倉と通り、8時27分に落部に到着。ここで何人かの人たちが乗ってくる。次の野田生でも、その次の山越でも乗ってくる。かなりの乗客になったところで8時44分、八雲に到着。ここで全員が降り、また乗客は自分1人になった。

 八雲の3つ先の駅、黒岩駅では反対方向の特急列車待ち。このあたりは単線区間で、2つ先の駅、国縫駅を過ぎるとまた複線区間になった。

 9時30分、終点の長万部に到着。
 ガラガラ状態で函館駅を発車した1両編成の列車は、ガラガラ状態で長万部駅に到着した。
 長万部発の函館本線・小樽行は12時11分なので、ここでは2時間41分ある。
「さー、温泉だ、温泉だ!」
 とばかりに「温泉のカソリ」、雪の長万部の町に飛び出していった。

18kippu2010-18-4409
雪の森駅

18kippu2010-18-4414
森駅で特急列車の待ち合わせ

18kippu2010-18-4415
森駅からは線路の向こうに内浦湾が見える

18kippu2010-18-4420
内浦湾の漁港

18kippu2010-18-4421
石谷駅

18kippu2010-18-4422
函館本線に平行して走る国道5号

18kippu2010-18-4426
野田生駅

18kippu2010-18-4428
黒岩駅

18kippu2010-18-4430
ワンマンカーの運賃表

18kippu2010-18-4431
長万部に到着

18kippu2010-18-4434
雪に埋もれた長万部駅

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。