著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「青春18きっぷ2010」(25)

第3日目(函館→旭川・その10)

 札幌駅に戻ると、東改札口を通り抜けたところでカブタンと落ち合った。
 小樽駅で別れたばかりなのに、
「やー、カブタ~ン、久しぶり~!」
 とカソリ。

 カブタンも、
「カソリさん、お久しぶり~!」
 とそれに合わせてくれる。

 カブタンはいつもは旭川まで特急の「スーパーカムイ」に乗って帰る。
 1時間に1本は出ている「スーパーカムイ」だと、旭川まで1時間20分。

 それを今回は、
「カソリさんに付き合ってあげるわ」
 ということで、鈍行で帰ることにした。旭川まで特急の倍以上の3時間近くもかかってしまうが、それでもかまわないという。
「これってチャレンジ!」
 といって喜んでくれる。
 好奇心旺盛なカブタンは、チャレンジ精神も旺盛なのだ。

 我々は19時38分発の滝川行に乗車。6両編成の電車の最後尾の車両に乗った。
 19時台の札幌始発の電車なのだが、6両目はガラガラ。このあたりが小東京の札幌と東京との大きな違い。東京で19時台の電車だと、どの方面に乗っても、通勤帰りで超満員。何ともうらやましい限りだ。

 我々はガラガラの車両なので遠慮なく車内宴会を開始した。
 まずはカブタンが用意してくれた「サッポロ・クラシック」の富良野VINTAGEで「乾杯!」。2010年度産の生ホップを使っているという北海道限定バージョンのビールだ。これまたカブタンが用意してくれたタコボールとパセリーノをつまみにする。これがビールにひときわ合うんだな。

「サッポロ・クラシック」を飲み尽くすと、今度はぼくがサッポロのコンビニでゲットしたカンビールを飲み干していく。

 列車は江別を通り、20時19分、岩見沢に到着。ここでは危なかった。
 というのは岩見沢駅で後の3両が切り離された。
 それに気がつくのがもう少し遅れたら、岩見沢に取り残されてしまうところだった。

 大急ぎで前の3両に移り、座席に座るなり、車内宴会の続編を開始。
 東北本線の「福島→仙台」間で一緒になった3人組の「車内宴会」を思いだしたが、カブタンとの車内宴会はほんとうに楽しいものになった。

 おおいに飲み、おおいに語り、ときどき酔いをさますように暗い車窓に目を向けた。
 21時10分、終点の滝川に到着。札幌で持ち込んだカンビールはきれいさっぱりとすべて飲み切った。いやはや我々2人のパワーはすごいものだと我ながら感心する。

 滝川駅のホームに降り立ったとき、「タキガワに着いたね!」といったら、カブタンにはすかさず「タキカワよ」といわれた。

 旭川行の発車は21時39分。それまで30分近くあるので改札口を出、雪の積もった滝川駅前を歩く。顔がヒリヒリ痛むくらいに風が冷たい。

 カブタンは真冬の旭川の寒さを知っているので、
「(それに比べたら)暖かいくらいよ」
 という。
 我々は新たなカンビールを仕入れ、滝川駅に戻るのだった。

18kippu2010-25-4534
札幌駅の東改札口

18kippu2010-25-4536
滝川行が入線

18kippu2010-25-4538
6両編成の滝川行に乗車

18kippu2010-25-4539
車内宴会の開始!

18kippu2010-25-4546
タコボールとパセリーノ

18kippu2010-25-4548
滝川駅に到着

18kippu2010-25-4551
次の旭川行まで30分ある

18kippu2010-25-4549
滝川駅前

18kippu2010-25-4550
雪の滝川を歩く

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。