著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「青春18きっぷ2010」(27)

第4日目(旭川→函館・その1)

 5時30分、旭川駅前の「東横イン」を出発。雪がボソボソ降っている。
 雪道に足をとられながら歩き、旭川駅に到着。なんともうれしかったのは「小樽→旭川」間を同行してくれたカブタンが、見送りに来てくれたことだ。

「今度は旭川から稚内までの鈍行に乗ろうね!」
 とカソリ、一方的な約束をしてカブタンと別れ、旭川駅の構内に入っていく。

 ホームには1両編成のワンマンカーが停車中。6時05分発の稚内行だ。
 6時17分発の札幌行特急「スーパーカムイ4号」も見えた。
 旭川発6時25分の手稲行に乗車。3両編成の電車だ。この電車が函館本線札幌方面行の各駅停車の一番列車になる。

 手稲行は定刻通りに旭川駅を発車。高架の線路を行くと、旭川駅を出てすぐのところに、カブタンのヴィッツがハザードランプを点滅させて停まっていた。

 そんなカブタンの車に向かって、
「またな~!」
 と叫んで大きく手を振った。

 車中ではモーニングコーヒーがわりのカンコーヒーを飲みながら、カブタンが差し入れてくれた「旭豆」と「きびだんご」を食べた。

 近文、伊納と通り、神居コタンのトンネルを抜けると、列車は上川盆地から石狩平野に入っていく。一面の雪景色。列車は雪原を行く。

 ガラガラの状態で旭川を出発した札幌方面手稲行だが、留萌本線が分岐する深川駅ではかなりの人たちが乗った。大半は通学の高校生だ。

 妹背牛を通り、旭川でなつかしの再会を果たしたS氏との思い出の地、江部乙駅を通り過ぎていく。江部乙駅の次が滝川駅。ここでほとんどの乗客が降りたが、またかなりの人たちが乗り込んできた。

 砂川、豊沼、奈井江…と石狩川沿いの石狩平野を行く。雪がどんどん少なくなり、美唄を過ぎるとほとんど消えた。

 7時57分、岩見沢着。ここで手稲行の電車を降り、室蘭本線の苫小牧行に乗換えた。

18kippu2010-27-4576
雪の旭川駅前

18kippu2010-27-4577
旭川駅のシンボルタワー

18kippu2010-27-4580
稚内行のワンマンカー

18kippu2010-27-4583
札幌行の特急「スーパーカムイ4号」

18kippu2010-27-4581
函館本線の手稲行に乗車

18kippu2010-27-4584
旭川の次は近文

18kippu2010-27-4588
石狩平野の納内駅

18kippu2010-27-4591
なつかしの江部乙駅

18kippu2010-27-4592
滝川駅

18kippu2010-27-4593
豊沼駅

18kippu2010-27-4594
石狩平野の雪原を行く

18kippu2010-27-4595
美唄駅

18kippu2010-27-4597
岩見沢に到着

18kippu2010-27-4599
列車の雪おろし

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。