1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
18

Category: [オリジナル企画]18きっぷ旅2010冬

Tags: ---

Comment: 0  

「青春18きっぷ2010」(36)
第5日目(函館→新潟・その3)

 五能線の鰺ヶ沢駅では1時間半の時間があるので、ぶらりと町を歩くことにする。
 駅を出ると、まっ先に「ケッパレ(がんばれ)、舞の海関」の文字が目に飛び込んでくる。鰺ヶ沢は元小結、舞の海の出身地。相撲解説者として活躍している舞の海の人気は、ここでは今でも高い。

 曹洞宗の高沢寺を参拝したあと、鰺ヶ沢漁港前の海の駅「わんど」へ。
 1階は海産物の売場や食事処になっているが、ここの売店で買ったおにぎりは抜群のうまさ!

「ます」と「たらこ」を食べたが、ともに1個100円。握った人の手の温もりが伝わってくるようなおにぎりで、それもボリューム満点のジャンボサイズ。米はうまいし、握り方は上手だし、具もたっぷりと入っていて、もう申し分ない。

 これを東京あたりで1個100円で売ったらバカ売れ間違いなしだ。
 日本全国のコンビニではおにぎり全盛時代の感があるが、どうしてこういうおいしいおにぎりが食べられないのだろう…と思ってしまう。

 海の駅「わんど」の2階には、さすが、舞の海の故郷だけあって「鰺ヶ沢相撲館」がある。
「わんど」から鰺ヶ沢漁港を歩く。岸壁にはイカ釣り船が接岸している。日本海のこの一帯はイカ漁が盛んだ。

 漁から戻ったばかりの小船からは、網が岸壁に降ろされた。それには冬を告げる魚、ハタハタがたくさんかかっている。何人もの人たちが総出で網から獲り、木箱に入れていく。こぼれ落ちんばかりのハタハタを詰め込んだ木箱が積み上げられ、トラックに積まれた。

 一時期はほとんど獲れなくなったといわれたハタハタだが、去年、今年と豊漁のようだ。

 鰺ヶ沢漁港から海水浴場の砂浜へ。冬の海水浴場は寂しげな風景。そこを最後に鰺ヶ沢駅に戻った。1時間半の、心に残る鰺ヶ沢プラプラ歩きだった。

18kippu2010-36-4756
鰺ヶ沢に到着

18kippu2010-36-4757
鰺ヶ沢駅に配備されている除雪車

18kippu2010-36-4758
跨線橋から見る鰺ヶ沢駅

18kippu2010-36-4760
鰺ヶ沢駅の駅舎を出る

18kippu2010-36-4761
「ケッパレ、舞の海!」

18kippu2010-36-4762
鰺ヶ沢の駅前通り

18kippu2010-36-4764
鰺ヶ沢を流れる中村川

18kippu2010-36-4767
曹洞宗の高沢寺

18kippu2010-36-4768
海の駅「わんど」のおにぎり

18kippu2010-36-4769
鰺ヶ沢漁港

18kippu2010-36-4771
鰺ヶ沢漁港のイカ釣り船

18kippu2010-36-4772
ハタハタの水揚げ

18kippu2010-36-4773
木箱に満載のハタハタ

18kippu2010-36-4774
鰺ヶ沢漁港の全景

18kippu2010-36-4775
冬の海水浴場

テーマ : 鉄道の旅    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment