著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

台湾一周2010(32)

6月21日(月)晴・墾丁→瑞穂(その8)

 台湾東海岸最大の都市、台東からさらに国道9号を北上する。
 台東を過ぎると国道9号は海岸線を離れ、海岸山脈と中央山脈の間の台東平野を行く。そんな国道9号沿いのガソリンスタンドで給油。そこには3人の若いライダーたちがぼくを待ち構えていた。

「もうそろそろカソリさんが来る頃だと思ってましたよ」
 と、うれしいことをいってくれる。

 その先では、
  ===
  ようこそ台東鹿野へ
  賀曽利隆さん
  頑張れ~頑張れ!
  ===
 と日本語で書かれた紙を手に持った人が、炎天下に立ちつくして、ぼくを待ってくれていた。もう感謝感激。カソリ、台湾ではオオモテだ。

 台東平野は一面の黄色く色づいた稲田。
 アドレスV125Gを停めて小休止した一帯は、「関山米」で知られる銘柄米の産地。その北は「池上米」の産地になる。

 生活レベルの上がった台湾では、すこしでも旨い米を食べようと、今、「関山米」や「池上米」のような銘柄米が大人気だという。

「池上米」の産地の池上では、日本の道の駅風の「池上飯包」に寄った。1階の売店では様々な種類、銘柄、等級の米が売られているが、その光景は「米食文化」の国、台湾を強烈に感じさせた。

 そこの2階は米博物館になっている。
「池上飯包」を出ると、あらためて池上米の稲田の風景を眺めるのだった。

taiwan2010-32-0209
国道9号を行く

taiwan2010-32-0189
海岸山脈の山並み

taiwan2010-32-0190
カソリを待ち構えていた3人組

taiwan2010-32-0192
これを持って炎天下、ずっと立ってくれていた…

taiwan2010-32-0199
暑い。水をガブ飲み

taiwan2010-32-0206
「関山米」の稲穂

taiwan2010-32-0211
台湾版道の駅といった「池上飯包」

taiwan2010-32-0213
「池上飯包」の列車食堂

taiwan2010-32-0214
「池上飯包」の売店

taiwan2010-32-0217
特産の「池上米」が売られている

taiwan2010-32-0219
「池上飯包」2階の米博物館

taiwan2010-32-0223
台鈴の李さん、ガンバレ!

taiwan2010-32-0228
かつての台所を復元。ここで米を調理する

taiwan2010-32-0229
池上米の稲田が広がる

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード