1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20

Category: 台湾一周2010

Tags: ---

Comment: 0  

台湾一周2010(34)
6月22日(火)瑞穂→礁渓(その1)

 瑞穂温泉の温泉旅館「東岡秀川」では夜明けとともに起き、まずは木枠の湯船に温泉を流し込み、朝湯を楽しむ。これぞまさに至福の時だ。
 無色透明のツルツル湯で、泉質は硫化鉄泉。皮膚病や胃腸病に効くという。

 湯から上がると、朝食までの1時間あまり、宿の周辺をプラプラ歩いた。
 宿の正面には海岸山脈のゆるやかな山並み、宿の背後には台湾山脈(中央山脈)の高い山々を眺める。
 瑞穂温泉といっても温泉街があるわけでもなく、豊かな亜熱帯の自然の中にポツン、ポツンと温泉宿がある。それぞれの温泉宿はリゾート風だ。
 瑞穂温泉の西には、さらにもう1湯、紅葉温泉がある。

 気持ちのいいプラプラ歩きを終え、宿に戻ると朝食。ぼくの大好物の朝粥がうまい。
 朝湯に入って、朝歩きをして、朝粥を食べて。もういうことなし!
 朝食を食べ終わると、「東岡秀川」の玄関前にアドレスとNEX、それとカソリの似顔絵の描かれたサポートカーを並べ、台鈴のみなさんとの記念撮影。

 そのあとは、
「さー、行くぞ!」
 と、全員でのガッツポーズだ。

taiwan2010-34-0271
「東岡秀川」の背後に連なる山々

taiwan2010-34-0270
サトウキビ畑

taiwan2010-34-0273
緑濃い森の小道に朝日が差し込む

taiwan2010-34-0272
「吉祥温泉」の案内板

taiwan2010-34-0278
ここが「吉祥温泉」

taiwan2010-34-0279
朝食の朝粥がうまい!

taiwan2010-34-0285
「東岡秀川」の玄関前で記念撮影

taiwan2010-34-0289
「東岡秀川」を出発

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。