著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾一周2010(35)

6月22日(火)瑞穂→礁渓(その2)

 台湾・中央山脈の山裾の瑞穂温泉を出発。
 スズキの125ccスクーター、アドレスV125Gを走らせ、瑞穂の町へ。気持ちのいい青空が広がっている。
 瑞穂からは国道9号を北上し、台湾東海岸の中心都市、花蓮へ。ここで海岸線を走る国道11号と合流する。

 花蓮は台湾東海岸の中心都市とはいっても、西海岸の大都市群とは違って、広々とした田園都市。台湾第一の景勝地、太櫓閣(たろこ)峡谷から切り出す大理石の集積地として知られ、「大理石の町」といわれている。

 花蓮は高雄、基隆と並ぶ台湾三大港のひとつ。郊外の空軍基地の前を通ったが、ここにはF16戦闘機が配備され、台湾のもうひとつの空軍基地、新竹にはミラージュ戦闘機が配備されているという。

 花蓮は中央山脈を越える台湾横断の「東西横断公路」の起点になっている。花蓮の町から国道9号を北に30キロほど行くと、立霧渓(渓は川の意味)河畔の太櫓閣に着くが、「東西横断公路」はそこで国道9号と分岐している。太櫓閣峡谷を走り抜け、中央山脈の峠を越え、東海岸の台中へと通じている。

 国道9号で北の宜蘭(ぎらん)に向かう前に、太櫓閣から太櫓閣峡谷を見に行く。

「東西横断公路」のアーチをくぐると、海岸地帯の狭い平地から、一気にV字谷の峡谷に入っていく。立霧渓の両側にそそりたつ大理石の断崖絶壁。アドレスの軽快なエンジン音が岩壁にぶつかって響く。眼下には立霧渓の白濁色の流れ。迫力満点の眺めがつづく。

 一部区間は旧道も残っている。それを見ると、この「東西横断公路」を切り開いたとこの大変な苦労が偲ばれた。

「錐麓大断崖」ではアドレスを下り、歩いて断崖を見上げた。それにしても太櫓閣峡谷はすごい峡谷。立霧渓と老西渓の合流点にかかる赤い慈母橋まで行き、そこで折り返した。

 太櫓閣に戻ると「横綱饗館」という店で昼食。鶏肉料理やエビとキューリの海鮮サラダ、筍料理、野菜炒め、貝汁などを台鈴のみなさんと一緒に食べた。

taiwan2010-35-0290
瑞穂を走る国道9号

taiwan2010-35-0293
亜熱帯の風景。日差しが強い

taiwan2010-35-0295
立霧渓(上流の太櫓閣峡谷の方向を見る)

taiwan2010-35-0304
「東西横断公路」のアーチ

taiwan2010-35-0306
太櫓閣峡谷を行く

taiwan2010-35-0308
大理石の太櫓閣峡谷

taiwan2010-35-7286
立霧渓のV字谷

taiwan2010-35-0312
太櫓閣峡谷にかかる慈母橋

taiwan2010-35-0327
太櫓閣の「横綱饗館」

taiwan2010-35-0326
「横綱饗館」の店内

taiwan2010-35-7296
taiwan2010-35-7297
taiwan2010-35-7302
taiwan2010-35-7304
taiwan2010-35-7305
taiwan2010-35-7307
taiwan2010-35-7311
taiwan2010-35-7312
「横綱饗館」の昼食

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
カソリに転送しておきました。

管理人は台湾一週(ほとんど鉄道で)をしたことはあるのですが、今度は山に分け入りたいと思っています。
地鶏なんか美味いんじゃないでしょうか。

今後ともよろしくお願いいたします。

こんにちはー。
鶏肉の旨そうなこと ゴクリ。あー
台湾て絶景も多くありすばらしい所ですね。
見るからに走りやさそう。

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。