1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
05

Category: 台湾一周2010

Tags: ---

Comment: 0  

台湾一周2010(40)
6月23日(水)礁渓→台北(その2)

「礁渓館」に戻ると、宿の朝食を食べ、礁渓温泉を出発。国道9号と分れ、海沿いの道を行く。海辺のパーキングエリアにスズキ・アドレスV125Gを停め、沖に浮かぶ亀山島を眺める。このあたりの海はサーフィンには絶好だとのことで、多くのサーファーの姿が見られた。

 海沿いには小さな漁港が点在しているが、そのうちのひとつに立ち寄った。
 漁船は日本では見られないような老朽船。漁を終えた漁船からは魚介類が水揚げされていた。漁港の魚市場を見、アナゴをさばいているオバチャンたちと言葉をかわした。

 そして台湾最東端の地、三チョウ角に到着。そこには白い灯台が立っている。山がちの風景で、海岸まで迫る山並みはそのままストンと海に落ちている。

 これで台湾最南端のガラン鼻につづいて、最東端の地にも立った。

 我らツーリングライダーというのは最果ての地が大好きで、たとえば「日本一周」のときも、日本本土の東西南北端にはすごくこだわる。

 ちなみに最北端は宗谷岬(北海道)、最南端は佐多岬(鹿児島)、最東端は納沙布岬(北海道)、最西端は神崎鼻(長崎)になる。

 さて台湾だが、最北端は基隆の北西の冨貴角、最西端は台南の北を流れる曽文渓の河口になる。
 満足した、満たされた気分で三チョウ角を離れる。

 いったん海岸に下ると、海岸のすぐ近くとは思えないような山中に入っていく。
 アドレスは125㏄とは思えないようなパワーを発揮し、グングンと登っていく。やがて峠に到達。絶景峠だ。

 峠道を一望し、幾重にも重なって連なる山並みを眺める。
 台鈴の李さんらに峠の名前を聞いたが、どうも名無し峠のようだ。

「峠」を台湾では何というのか聞いてみたが、これといったいい方はないようだ。
「山のヤコウ(ヤは口編に亜細亜の亜、コウは口)」というようないい方があるらしい。中国では「嶺」を使うことがある。大興安嶺山脈や小興安嶺山脈にあるような「嶺」だ。だが、中国でも名無しの峠はたくさんあるし、中国人はあまり峠にはこだわらない。それがチベットやモンゴルになると、峠はきわめて神聖な場所で、必ずといっていいほど名前がついている。

 日本の「峠」は漢字ではない。日本人が作り出した国字である。つまり「とうげ」に当てはめるような漢字がなかったからであろう。

 岬同様、峠でも、日中間の文化の違いを感じる。峠にこだわる日本人、峠はほとんど気にかけない中国人…、このあたりの文化の違いがじつにおもしろい。

taiwan2010-40-0434
礁渓温泉「礁渓館」の朝食

taiwan2010-40-0433
「礁渓館」を出発

taiwan2010-40-0436
亀山島を見る

taiwan2010-40-0441
小さな漁港に立ち寄る

taiwan2010-40-0442
漁を終えて戻ってきた漁船

taiwan2010-40-0443
漁港の魚市場

taiwan2010-40-0444
アナゴをさばいている

taiwan2010-40-0452
台湾の最東端の地に到着

taiwan2010-40-0448
三チョウ角の灯台

taiwan2010-40-0451
灯台のプレート

taiwan2010-40-0447
台湾最東端の地からの眺め

taiwan2010-40-0461
海岸から山中に入っていく

taiwan2010-40-0463
峠に到達!

taiwan2010-40-0473
峠からの眺め

taiwan2010-40-0465
峠道を一望する

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment