1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12

Category: 台湾一周2010

Tags: ---

Comment: 0  

台湾一周2010(44)
6月23日(水)礁渓→台北(その6)

 台鈴工業の本社前に到着し、全行程1436キロの「台湾一周」を終えると、同行してくれた台鈴のみなさんと一緒に近くの食堂「百里香」で夕食にする。

「百里香小吃」と看板に書かれてあるので、日本風にいえば小料理屋といったところか。旦那と奥さんの2人でやっている店。
「カソリさんはこういうところが好きだから」
 ということで、台鈴の李さんが選んでくれた店だ。

 まずは「台湾一周」の成功を祝って「台湾ビール」で乾杯!
 いやー、じつにうまいビールだ。五臓六腑にしみわたる。肉汁たっぷりの小籠包をつまみながら「台湾ビール」をグイ、グイグイッと飲み干した。

 そのあとはテーブルの上に次々に出てくる台湾料理をいただいた。
 まずは炒青菜。毎日のように食べたが、飽きのこないシンプルな料理。朝だと朝粥によく合う炒青菜だ。

 そのあとネギと牛肉の炒め物、青菜と貝の炒め物と、中華鍋で炒めた炒めものがつづく。イカ鍋は鉄鍋で青菜とイカを炒めたもの。さらにエビフライが出た。

 ビールを飲みながら、「台湾一周」の思い出話をしながらの台鈴のみなさんとの夕食は楽しいものだった。
 これが台鈴のみなさんとの最後の食事になる。

 デザートのマンゴーを食べ終わると、スーッと胸の中を風が吹きぬけていくような寂しさを感じた。みなさん、ほんとうにいい人たちだった。

 台鈴工業の本社前に戻ると、そこでみなさんと何度も握手をかわして別れた。
「再見(さようなら)!」

 ぼくは大通り(松江路)の反対側の「泰華大飯店(ゴールデン・チャイナ・ホテル)」へ。台北に到着したとき、記者会見の会場になったホテルであり、「台湾一周」の最初の晩に泊まったホテル。それはつい1週間前のことでしかないのに、何かもうずーっと昔のことのように思われてくるのだった。

taiwan2010-44-0583
裏町の食堂「百里香」で夕食

taiwan2010-44-0585
「百里香」のメニュー

taiwan2010-44-0587
台鈴のみなさんとの最後の食事

taiwan2010-44-7392
「台湾ビール」と野菜炒め

taiwan2010-44-7393
メチャウマの小籠包

taiwan2010-44-7406
毎日のように食べた炒青菜

taiwan2010-44-7397
ネギ&牛肉の炒め物

taiwan2010-44-7400
青菜&貝の炒め物

taiwan2010-44-7402
イカ鍋

taiwan2010-44-7408
エビのフライ

taiwan2010-44-7410
ビールによく合う南京豆

taiwan2010-44-7416
デザートのマンゴー

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。