著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「旧満州走破行2004」(25)

9月29日(水)晴 漠河(その4) 第9日目

 中国最北端の地、漠河村。通称「北極村」の食堂で昼食を食べると、スズキQS110を走らせ、中国の北極をまわる。

 中国では国の最北端を北極、最南端を南極、最東端を東極、最西端を西極と呼んでいるのだ。

 ちなみに東極はこのあと行くことになる黒龍江とウスリー江の合流地点、西極は中国、キルギス、タジキスタン3国国境のパミール高原、南極は南シナ海の南沙諸島。

 中国の主張している領土は限りなく赤道に近い、シンガポールのすぐ近くの島だ。

 黒龍江(アムール川)沿いの道を走る。対岸はロシア。

「中国最北之家」を見つけてバイクを停める。そこはペンション。中を見せてもらうと、オンドルの部屋にマットレスが敷いてあった。その前の広場では、日本でいえば「軍事将棋」のような将棋をする人。兵や車、馬などの駒がある。まわりで見ている人たちも夢中になっている。

「中国最北之家」の前からはダート道を走り、ツンドラ(永久凍土)の荒野を駆け抜け、また北極村に戻ってきた。北緯50度をはるかに越えるこの一帯には、ツンドラがある。

 村の周辺は収穫の終った大豆畑。村の入口には「北極村」の石塔。「中国北極」の碑も建っている。バイクを停めて、村の中を歩いた。木の屋根、木の壁、木の柵で囲まれた家々が建ち並んでいる。

 ぐるりと村内をひとまわりしたところで、「北極村」の漠河村を離れ、漠河の町に戻っていった。

manchuria2004-25-7031
「中国最北之家」

manchuria2004-25-7027
「中国最北之家」のオンドルの部屋

manchuria2004-25-7023
広場で将棋をする村人

manchuria2004-25-7036
中国最北の地を走る

manchuria2004-25-7029
「北極村」を一望!

manchuria2004-25-7037
収穫の終った大豆畑

manchuria2004-25-7043
「中華北極」の碑

manchuria2004-25-7038
「北極村」の入口

manchuria2004-25-7042
「北極村」を歩く

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。