著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「旧満州走破行2004」(28)

9月30日(木)晴 漠河→塔河(その2) 第9日目

 大興安嶺山脈の山中の磐古に着くと、まずは町を歩いた。小さな町なので、あっというまに町外れまで歩いてしまう。町の中心に戻ると、今度は反対側の町外れまで歩いてみるのだった。

 次に食料品店をのぞいてみる。そこでぼくの目を引いたのは山となって積み上げられた乾麺だ。それも小麦粉から作られた乾麺だけではなく、トウモロコシ粉やコウリャン、キビなどの雑穀粉、ソバ粉などで作られた乾麺もあった。

 乾麺のほかに太さの違う何種類かの生麺も売られていた。「きしめん」そっくりの麺もあった。
 その光景は、さすが「麺文化圏」の中国東北部と思わせるものだった。

 米や米糠、食用油も売られている。
「魚肉水果蔬菜店」と看板にあるように、川魚や牛・豚・鶏の肉や果物、野菜類…と、見かけは小さな店だが、この地方の人たちが食べる食料品の大半を売っている。
 
 小さな町だが、目抜き通り沿いには「火鍋店」(シャブシャブ)や「肉串店」もある。同行してくれている「ハルビン・スズキ」の副社長、李云合さんと「肉串店」に入った。肉串にはトウガラシ粉をかけて食べるのだが、それが猛烈な辛さ。李さんは3串食べたが、ぼくはあまりの辛さに1串がやっとだった。

 そのあと盤古の「大衆食堂」という感じの店に入り、昼食にした。

 お父さんと2人の息子でやっている店。麺をその場でつくり、薪を燃やす竈に中華鍋とフライパンをかけて料理をつくる。それを見せてもらったので、次々に出てくる豚肉料理や豚の胃料理、骨付きの牛肉料理、川魚料理、はるさめ(超幅広)料理、アヒルの卵料理…を食べながらの麺は、ことのほか美味に感じられた。

 豚の胃にのっている真っ赤な唐辛子は劇辛。
 それら料理の上には、すべてに青々とした香辛料の香菜がのっているが、中華料理に香菜が欠かせないのがよくわかる。
 大満足の盤古での昼食だった。

manchuria2004-28-7080
盤古を歩く

manchuria2004-28-7090
盤古の食料品店

manchuria2004-28-7083
コーリャンやトーモロコシの乾麺

manchuria2004-28-7088
生麺も売っている

manchuria2004-28-7093
生肉をさばいて売っている

manchuria2004-28-7078
この食堂で昼食

manchuria2004-28-7096
食堂の調理場

manchuria2004-28-7097
中華鍋とフライパン

manchuria2004-28-7100
お父さんと息子の2人でやっている

manchuria2004-28-7104
豚肉&豆腐料理

manchuria2004-28-7106
豚の胃料理

manchuria2004-28-7105
川魚料理

manchuria2004-28-7109
自慢の手づくり麺

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。