著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「伝説の賀曽利隆オンライン」(23)

(2001年8月18日)

 オーストラリア西部の世界最長ダート、「キャニングストックルート」を走って帰ってきました。砂丘越えの連続でしたが、異様なまでに赤い、あの砂丘の“赤”が目にこびりついて離れません。1973年にバイクで「オーストラリア一周」して以来、ずっと憧れてきた「キャニングストックルート」を28年目にして、ついに走ってきました。

 ひとつ残念だったのは、出発点のウイルナから1000キロ北のカラワジから先は、大雨の影響で四国ぐらいの大きさの湖となり、ビルルーナまでの全線を走破できなかったことです。

 で、どうしたかというと、カラワジからは「キドソントラック」という600キロのダートコースに入り、国道1号に出ました。ウイルナから国道1号までは「キャニングストックルート→キドソントラック」と1626キロの連続ダート。国道1号のアスファルトに立ったときは、思わず感動してしまい、胸がジーンとしたほどです。

 インド洋の白砂の海岸でキャンプしたのですが、海の青さが目にしみました。そのあとダート600キロの「ギブリバーロード」経由でゴールのクヌヌラに到着。「ウイルナ→クヌヌラ」は、2924キロ。その間のダートは2218キロとなり、ダート率はなんと75パーセントという高率のものでした。

「ウイルナ→クヌヌラ」は11泊12日で走破しましたが、その間はずべてブッシュキャンプ。毎夜、火をたき、火のまわりでの宴会となりました。11夜連続の焚き火というのは、ぼくにとっては初めての体験。“焚き火・命”のカソリにとってはたまらない日々でした。

 ウイルナを出発してから4日目には、砂道の轍にハンドルをとられ痛恨の転倒。これが今回の唯一の転倒ということになりました。

 カラワジにはガソリンスタンドやストアできていました。ここでガソリンを給油し、食料を補給できるということは、自分一人でも「キャニングストックルート」を走破できる可能性があるということです。

 地図上で計算するとカラワジからビルルーナまでは623キロ。「キャニングストックルート」の全線を走れなかった悔しさもあって、「よーし、今度は単独でキャンニングを走破してやろう!」と、「デザートマップ(砂漠地図)」を広げてさっそく次のプランを練るカソリなのです。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。