著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「伝説の賀曽利隆オンライン」(30)

(2002年3月27日)

「島編・日本一周」の「沖縄編・第1弾」を終えて帰ってきました。

 沖縄本島とその周辺の島々をまわったあと、那覇・泊港からフェリーで久米島へ、慶良間列島の渡嘉敷島、阿嘉島、座間味島へ、最後に粟国島に渡り、沖縄本島を含め、全部で25の島々をめぐってきました。那覇新港から有村産業の「クルーズフェリー飛龍21」で名古屋港に戻り、東京まで国道1号を走って帰ってきました。

 今回の「沖縄編」の第1弾を走り終えて感じたことは、沖縄本島の大きさです。あらためて沖縄本島というのは北海道、本州、四国、九州の日本本土4島に次ぐ島だということを実感しました。

「那覇→那覇」の沖縄本島一周は、途中の島々に立ち寄ったこともあって、その走行距離は911キロにもなりました。

 今までの島めぐりでは、100キロを超えれば大きな島、200キロを超えれば超大きな島だっただけに、やはり沖縄本島は別格で「準本土」といったところでしょう。
「沖縄編・第2弾」では、さらに南の宮古諸島、八重山諸島の先島諸島をめぐります。

 早いもので、「島編・日本一周」に旅立ってから1年が過ぎました。東京港・竹芝桟橋から東海汽船の「さるびあ丸」で伊豆大島に向かった日が、つい昨日のように思われます。この1年間で全部で180島の島々をめぐったことになります。

 さて、先日、この欄でお伝えした「道祖神」主催の「カソリと走ろう!」シリーズのバイクツアー第7弾、「ユーラシア大陸横断」ですが、出発日が決まりました。富山県の伏木港を6月28日に出港するロシア船でロシア沿海州のウラジオストックに渡ります。

 シベリアを横断し、ユーラシア大陸最西端、ポルトガルのロカ岬を目指します。

 全行程1万5000キロ、50日間という史上最大のバイクツアー。

 この「ユーラシア大陸横断」には、大勢のみなさんの申込みをいただき、最大募集人員の15名をオーバーしてしまいました。今、何人もの方々がキャンセル待ちという状態。予定していて行けなくなるみなさんには、なにか、すごく申し訳ない気がします。

 カソリ、島の次は大陸。広大なシベリアの大地を西へ、西へと思いっきり駆けめぐってきます。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。