著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「伝説の賀曽利隆オンライン」(34)

(2002年8月16日)

 6月28日に富山県の伏木港からロシア船の「ルーシ号」に乗って出発した「ユーラシア大陸横断」ですが、ロシア極東のウラジオストックからヨーロッパ最西端のロカ岬までの1万5000キロを走って8月15日に帰ってきました。

「ユーラシア横断」ルートの中でも一番のハイライトは「シベリア横断」でした。

 ウラジオストックを出発したのは7月1日。ハバロフスク、イルクーツク、ノボシビルスクと通り、7月22日に西シベリアのチェラビンスクからウラル山脈の峠を越え、アジア側からヨーロッパ側に入りました。

 欧亜を分ける分水嶺の峠には、大きな碑が立っていました。ヨーロッパ側に向かっては、ここより「ヨーロッパ」、アジア側に向かっては、ここより「アジア」と書かれた峠の碑です。ウラル山脈の峠までは、ウラジオストックから7000キロ余の距離でした。

「シベリア」はぼくの今までのツーリングの足跡を印した世界地図からはスッポリと抜けた空白の地帯だったので、そこに1本の長い赤線を書き込むことができてすごくうれしい気分です。

「シベリア横断」の毎日では、ひんぱんに地図を見ていましたので、ウラル山脈以東のロシアがしっかりと自分の頭にインプットされました。それにしても道なき世界で、自動車は限られたものでしかありません。

 シベリアにはオホーツク海に流れ出るアムール川、北極海に流れ出るレナ川、エニセイ川、オビ川という4大河川があります。この川を使えば、広範囲なシベリアを見てまわることも可能です。

 シベリアをバイクで横断したことによって、
「今度はシベリア大河紀行をやってみたい!」
 という気持ちにかられました。

「ユーラシア大陸横断」のバイクはスズキDR-Z400Sでしたが、1万5000キロを完璧に走りきってくれました。ウラジオストックからロカ岬まで新車の状態のまま、つまりタイヤ、チェーンなどの消耗品を含め、一切のパーツ交換をしないで(唯一、オイルフィルターを2度、交換しました)走りきってくれたのです。これはすごいことだと思っています。やはり大陸横断には最適のバイクでした。

 ありがとうDR400よ!

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。