著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾往復縦断2011(3)

「康華大飯店」に戻るとフロントで両替。1万円を替えたが、3300元。1元が3・03円、ほぼ3円というレートだ。

 そこへ台鈴工業の李さんが来てくれた。「台湾一周2010」では全コースを同行してくれたが、今回の「台湾往復縦断」でもはやり全コースを同行してくれるという。

 李さんと一緒に台鈴工業の本社へ。その前にはピカピカの125ccスクーター、「TEKKEN(鉄拳)」が用意されていた。

 台鈴のサポートカーをフォローして中山公園へ。中山公園は中国や台湾の各地にあるが、孫文を記念して名付けられた公園。台北の中山公園には建国の父、孫文を称える「国父記念館」がある。

 観光バスが広い駐車場を埋め尽くしていたが、その大半は大陸からのツアー客を乗せたバスだという。台湾には今、大陸からの観光客が怒涛のごとく押し寄せている。

 中山公園からは高さ508メートル、地上101階の「台北101」が見えるが、最上階の近くは雲に隠れていた。

 中山公園の一角の特設ステージでカソリのトークショーがおこなわれた。ここには台湾の新聞や雑誌社が招かれ、プレスコンファランスを兼ねていた。何誌ものバイク誌を出している青華出版の陳社長も来てくれた。

 みなさんには「謝謝台湾!」のフラッグを披露した。日本の東日本大震災ではいち早く多額の義援金を送ってくれた台湾のみなさんへの感謝の気持ちをこめたもの。このフラッグが大うけだった。

 トークショーが終ったあとはみなさんとの質疑応答。中国語は「謝謝(ありがとう)」ぐらいしか話せないカソリには洪さんという通訳がついてくれた。

 そのあとはみなさんとの楽しい歓談タイム。そこでは世界でも一番厳しいといわれる台湾のバイクの排ガス規制の話なども聞いた。

taiwanjyuudan2011-003-7161
台鈴工業の本社前でTEKKENに乗る

taiwanjyuudan2011-003-7170
「TEKKEN」のロゴ

taiwanjyuudan2011-003-7163
中山公園の駐車場

taiwanjyuudan2011-003-7165
中山公園の一角の特設会場

taiwanjyuudan2011-003-7172
カソリのトークショー開始

taiwanjyuudan2011-003-7175
「謝謝台湾!」のフラッグ

taiwanjyuudan2011-003-7176
中山公園で食べた洒落たクッキー

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。