1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13

Category: 台湾往復縦断2011

Tags: ---

Comment: 0  

台湾往復縦断2011(13)
 台中の「八喜膳房」での夕食を終えると、夜の台中市内を走り、名物の夜市へ。

 サポートカーの脇にTEKKEN(鉄拳)を停める。何しろ治安の良い台湾なので、こうして夜の駐車場に停めておいても全く心配はない。

 さっそく台鈴のみなさんと一緒に夜市を歩く。ネオンの洪水はまばゆいばかり。途切れることなく人波がつづく。

 そんな夜市でビックリしたのは、すれ違った若いカップルに、
「カソリさ~ん!」
 と声をかけられたことだ。

 2人と一緒に、
「行くぞ~!」
 のカソリポーズ。女性のちょっとはにかんだ顔がかわいらしい。

 2人と握手をかわして別れたが、カソリ、台湾ではちょっとした有名人になった!?

 夜市を歩いたあと、今晩の宿の「碧根行館」へ。洒落たホテルで、部屋に荷物を入れると、さらに夜の町を歩く。

 繁華街は10時を過ぎたというのにますますの人通り。店々も煌々と明かりをつけている。時計屋では80元(約240円)の腕時計を買った。それを腕にしないで、バッグに入れた。

 1時間ほどぷらぷら歩いた夜の台中は心に残った。それとともに「元気な台湾」のおかげで、自分まで元気になったような気がした。

taiwanjyuudan2011-013-9970
夜の台中を行く

taiwanjyuudan2011-013-7495
若いカップルとカソリポーズ!

taiwanjyuudan2011-013-7485
taiwanjyuudan2011-013-7486
台中の銘菓をいただく

taiwanjyuudan2011-013-7491
今晩の宿「碧根行館」に到着

taiwanjyuudan2011-013-7496
「碧根行館」は洒落たホテル

taiwanjyuudan2011-013-7499
「碧根行館」の部屋からの眺め

taiwanjyuudan2011-013-7504
夜の10時を過ぎてもこのにぎわい!

taiwanjyuudan2011-013-7502
この店で80元の腕時計を買った

taiwanjyuudan2011-013-7503
食料品も何でも買える

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。