1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
06

Category: 台湾往復縦断2011

Tags: ---

Comment: 0  

台湾往復縦断2011(18)
 斗六のレストラン「阿國獅」での昼食を終えると出発。ここでも3人の若きライダーが待ち構えていて、一緒に台南まで同行させてほしいという。
「いいですよ。どうぞ、どうぞ!」

 斗六から新港へ。

 その途中では「国家廣播対物館」を見学。ここは台湾の「国立ラジオ博物館」だ。

 日本時代の建物をそのまま博物館にしたもので、日本時代の放送局の主任、山本正三氏を中心にして、日本人とおぼしき軍服を着たスタッフの写った写真が目立つところに展示されている。

 このあたりがまさに台湾。平気で、というか、敬意を払って日本時代のものを残し、それを評価してくれている。

 台湾を旅するとどうしても韓国と比較してしまうが、同じように日本に支配された韓国では日本時代は絶対的な「悪」。日本時代の遺産を博物館にするなんて…、韓国では考えられないことだ。

 日本語を話す館長さんの案内で館内を見てまわった。館長さんは我々が出発するときはわざわざ玄関まで出て見送ってくれた。

taiwanjyuudan2011-018-7587
斗六から台南まで同行したいという若きライダーたち

taiwanjyuudan2011-018-0175
斗六郊外の田園風景

taiwanjyuudan2011-018-7614
「国家廣播対物館」を見学

taiwanjyuudan2011-018-7588
博物館前の噴水

taiwanjyuudan2011-018-7613
博物館の全景

taiwanjyuudan2011-018-7597
日本時代の写真

taiwanjyuudan2011-018-7593
博物館の展示

taiwanjyuudan2011-018-7596
当時の真空管

taiwanjyuudan2011-018-7600
当時の放送用機器

taiwanjyuudan2011-018-0204
博物館近くの店で

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment