著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾往復縦断2011(30)

 烏山頭ダム近くの「八田與一記念公園」を出発。ゆるやかな丘陵地帯を縫う道を走り、関子嶺温泉に向かう。台鈴の125㏄スクーター、TEKKEN(鉄拳)はパワフルなエンジンなので、アップダウンの連続する山道を難なく走り抜けていく。

 山の端に夕日が落ちていく。展望ポイントにTEKKENを停め、しばし落ちゆく夕日を眺めた。

 夕暮れの関子嶺温泉に到着。日本の蔵王温泉のミニ版のような温泉地。ここは日本の統治時代から有名だった。
 関子嶺温泉には何軒かの温泉宿があるが、「関子嶺統茂温泉会館」に泊まった。

 部屋に入ると、さっそく大浴場の湯につかる。灰色をした泥湯。阿蘇の地獄温泉の泥湯に似ている。美人湯として知られているが、神経痛にもすごく効くという。

 こうして1日、TEKKEN(鉄拳)で走ったあとの温泉はたまらない!

taiwanjyuudan2011-030-7907
山の端に夕日が落ちていく

taiwanjyuudan2011-030-7911
関子嶺温泉に到着

taiwanjyuudan2011-030-7914
ロビーに展示されている陶器

taiwanjyuudan2011-030-7941
日本時代の写真が飾られている

taiwanjyuudan2011-030-7940
大浴場の泥湯につかる

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。