1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16

Category: 台湾往復縦断2011

Tags: ---

Comment: 0  

台湾往復縦断2011(34)
 中埔の町から阿里山へ。
 台湾屈指の名所、阿里山は独立したひとつの山ではなく、台湾の最高峰、玉山(3952m)を含む2000メートル超の18峰の総称。「世界三大山岳鉄道」のひとつ、阿里山鉄道が阿里山駅まで通じている。
「阿里山」と聞くと、「阿里山の娘」の歌を口ずさんでしまう。

  山は緑
  空青く
  阿里山の娘は美しい
  阿里山の娘は美しい~!

 阿里山の入口、「十字路」に着くと、広い駐車場は観光バスで埋め尽くされていた。
 台鈴の李さんは、
「全部、大陸から」
 という。

 それにしてもすさまじいばかりの「チャイナパワー」。
 中国人観光客は台湾を席捲している。いや、台湾のみならず世界を席捲している。どこに行っても、中国人観光客を乗せた大型バスを見るような時代になった。

 日本にもかつては、こういう時代があった。高度経済成長期、日本人の団体はパリやロンドン、ニューヨークを席捲した。しかしそれも、もう遠い昔の話になった…。

taiwanjyuudan2011-034-7998
阿里山登山口の売店

taiwanjyuudan2011-034-8003
阿里山から流れてくる八掌渓

taiwanjyuudan2011-034-8004
八掌渓にかかるつり橋

taiwanjyuudan2011-034-8001
中国人観光客が次々につり橋を渡る

taiwanjyuudan2011-034-8006
阿里山登山口の寺院を参拝

taiwanjyuudan2011-034-8007
門前の店でバナナを食べる

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。