著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カソリのミニ旅(10)

2010年4月29日(木)晴一時雨 鎌倉・鶴岡八幡宮(その1)

 連休中は遠出をしないというのはカソリの基本。そこで、この間は、徹底的に近場をまわることにした。それも電車や徒歩、バイクに乗るにしても、ごく短い距離だ。午前中は家で仕事をし、昼食を食べてから家を出ることが多かった。

 その第1弾目は鎌倉の鶴岡八幡宮。連休初日に行った。

 13時、伊勢原発。小田急線で藤沢へ。JR東海道線→JR横須賀線で14時45分に鎌倉到着。大にぎわいの小町通りを歩いて鶴岡八幡宮へ。三の鳥居をくぐって境内に入っていく。表参道を歩き、まずは突き当たりの下拝殿の舞殿を参拝する。

 舞殿の左手、石段の下には、鶴岡八幡宮というよりも鎌倉のシンボルの大公孫樹(おおいちょう)がある。先日の強風で倒れ、多くの人たちをガッカリさせたが、新に植えなおした根元の幹からは何本もの若芽が出ていた。よかった、よかった!

 そんな大公孫樹を見ながら62段の石段を登り、本宮に参拝。その左側から入っていく宝物殿(200円)を見てまわる。そこでは『日本書紀』が目についた。

 鶴岡八幡宮は昔も今も鎌倉の中心だ。

 康平6年(1063年)、源頼義によって石清水八幡宮から勧請された社が、治承4年(1180年)、源頼朝によって現在の場所に移された。現在の本宮などの社殿は江戸時代末期に建造され、関東大震災で倒壊したのを修造・復元させたものだという。

minitabi2010-10-6428
鎌倉駅に到着!

minitabi2010-10-6443
強風で倒れた大公孫樹から若芽が出ている

minitabi2010-10-6445
石段を登っていく

minitabi2010-10-6454
納められた絵馬

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。