1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
13

Category: 台湾往復縦断2011

Tags: ---

Comment: 0  

台湾往復縦断2011(52)
 拉拉山は台湾屈指の桃の名産地。朝食を食べ終わると、「京仁山荘」のおかみさんは名産の水蜜桃を出してくれた。6月から8月にかけてが最盛期とのことで、旬の水蜜桃はまだ固く、カリカリッと青リンゴをかじるようにして食べた。トロッとした熟した桃とは違うその食感が舌に残り、忘れられない拉拉山の味覚になった。

 おかみさんの見送りを受け、「京仁山荘」を出発。拉拉山から谷間へと下り、北横公路(国道7号)に出た。
 台鈴の125ccスクーター、TEKKEN(鉄拳)を走らせ、国道7号で大渓へ。

 大漢渓にかかる巴陵大橋を渡る。この橋の上流にはつり橋の旧橋が残っている。車は通らないので橋上にTEKKENと2台のNEXを並べて撮影した。絵になるシーンだ。

 この大漢渓にかかる巴陵大橋の旧橋はちょっとした観光地になっていて、拉拉山の観光ポスターにもその写真がのっていた。ここには、やってくる観光客を案内するタイヤル族の若い女性がいた。TEKKEN、NEXの撮影のあとは、「タイヤル美人」との2ショット。これも忘れられない拉拉山の思い出になった。

taiwanjyuudan2011-052-8415
「京仁山荘」を出発。大漢渓の谷間に下っていく

taiwanjyuudan2011-052-8416
大漢渓にかかる巴陵大橋

taiwanjyuudan2011-052-8423
大漢渓の流れ

taiwanjyuudan2011-052-8424
巴陵大橋の旧橋上でTEKKEN(中央)とNEXの撮影

taiwanjyuudan2011-052-8420
巴陵大橋の旧橋上で「タイヤル美人」と2ショット!

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment