1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
26

Category: 旧満州走破行2004

Tags: ---

Comment: 0  

「旧満州走破行2004」(34)
10月2日(土)晴 加格達奇→根河(その3) 第12日目

 甘河を出発。スズキQS110を走らせ、大興安嶺山脈の峠を越えていく。峠の周辺は雪景色。峠を下った所には検問所があった。これは森林パトロールの「木材検査所」。

 1987年5月6日、中国北端の町、漠河近くの大興安嶺山脈の森林地帯で山火事が発生した。カラカラの天気がつづいていたので火はままたくまに燃え広がり、漠河の町を焼き尽くし、南の塔河に向かって延焼した。

 すさまじい山火事で28日間、燃えつづけ、250キロ南の塔河でやっと食い止めることができた。焼失面積100万ヘクタールという中国建国以来、最大の山火事になり、290人もの死者を出した。日本でいえば、四国の半分以上が燃えたことになる。

 原因は森林作業員のタバコの火の不始末だという。

 この山火事を機に大興安嶺山脈を貫く道路沿いには何ヵ所もの「木材検査所」が設置され、火器の持ち込みを厳しく取り締まっている。それと同時に盗伐の監視もしている。

 大興安嶺山脈の最後の峠を越え、山麓の根河へ。ここには大興安嶺山脈の少数民族、オウンコ族の博物館がある。トナカイとともに生きるオウンコ族の伝統的な生活が紹介され、シラカバの皮でつくったカヤックや民具類が展示されている。

 博物館の見学を終えると町の食堂で夕食。まずは「ハイラルビール」を飲み、干しイカ、野生動物の肉料理、キノコ料理、鍋、炒飯を食べた。

 日が落ちると気温は一気に氷点下に下がる。町の中心のホテルに泊まったが、あまりの寒さにガタガタ震えた。ここでは3日前の9月30日には20センチもの雪が積もったとのことで、

「よかったねえ、3日前だったら、とてもではないがバイクでは走れなかったよ」

 といわれた。

 初雪は9月16日だったという。

manchuria2004-034-7191
大興安嶺山脈の雪の峠越え

manchuria2004-034-7193
大興安嶺山脈の「木材検査所」

manchuria2004-034-7205
根河の博物館。左を歩いているのはオウンコ族の女性

manchuria2004-034-7204
トナカイと共に生きるオウンコ族

manchuria2004-034-7207
オウンコ族のトナカイの使い方

manchuria2004-034-7209
シラカバの皮でつくったカヤック

manchuria2004-034-7212
これが「ハイラルビール」

manchuria2004-034-7213
夕食の干しイカ


管理人、我慢できず:
それにしても日本人からするとすごい民族名ですわな・・・。
現地で自己紹介されたら吹いてしまいそうで怖い。

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment