著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「旧満州走破行2004」(35)

10月3日(日)曇時々雪 根河→ハイラル(その1) 第13日目

 大興安嶺山脈西麓の町、根河では夜明けとともに起き、町を歩いた。

 朝6時の気温は氷点下12度。ホテルに戻り、朝食を食べ、7時過ぎに出発したが、それでも気温は氷点下10度…。
 寒い。

 根河の町は北緯50度線よりもはるかに北になる。10月に入ると、このあたりはもう冬、それも日本でいえば真冬の寒さだ。

 大興安嶺山脈西麓の一本道を南下。
 内蒙古北西部の、中露国境地帯の中心地、ハイラルを目指してスズキQS110を走らせる。

 あまりの寒さに何度となくバイクを停める。切る風の冷たさといったらなく、まるでブスブスとガラスが顔に突き刺さってくるような痛みを感じるほど。

 ハンドルを握る手はすっかりかじかみ、停まるたびに手をさすった。
 平原から丘陵地帯に入ると雪景色に変る。天気も崩れ、雪が舞っている。

「いやー、寒い…」
 懸命に寒さに耐えてQS110を走らせた。

 ハイラルはまだまだ遠い…。

manchuria2004-035-7215
夜明けの根河

manchuria2004-035-7216
ハイラルを目指して南下

manchuria2004-035-7217
猛烈な寒さ…

manchuria2004-035-7223
丘陵地帯は雪

manchuria2004-035-7229
内蒙古の草原に立つ。背後には雪の大興安嶺山脈

manchuria2004-035-7241
雪の内蒙古を行く

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。