著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「旧満州走破行2004」(36)

10月3日(日)曇時々雪 根河→ハイラル(その2) 第13日目

 内蒙古の高原地帯を南下。ハイラルを目指してスズキQS110を走らせる。

 街道沿いの食堂を見つけると、あまりの寒さに我慢できず、早めの昼食。調理場に飛び込み、火にあたらせてもらった。しばらくあたって体があたたまってきたところで、やっと人心地がつく。生き返ったー!

 この食堂の主人や従業員、客の多くは蒙古族だった。

 内蒙古自治区に入ったときは、
「あー、これで蒙古族の人たちに会える!」
 と思ったものだ。

 ところが通り過ぎていく町や村の住民はほとんどが漢族。まるで中国がこの地を植民地化したかのような光景がつづいた。

 こうして大興安嶺山脈を越えて、やっと蒙古族の世界に入ったのだ。

 パオ(蒙古族の家)風建物の食堂で、羊の骨つき肉、羊の肝臓、羊の胃、羊の内臓のスープを食べた。この羊肉三昧の食事は内蒙古の世界を実感させるものだった。

manchuria2004-036-7246
内蒙古の街道沿いの食堂で昼食

manchuria2004-036-7265
食堂の調理場

manchuria2004-036-7251
羊肉をさばいている

manchuria2004-036-7252
客の蒙古族の男性

manchuria2004-036-7276
羊の骨つき肉

manchuria2004-036-7278
羊の肝臓

manchuria2004-036-7279
羊の内臓のスープ

manchuria2004-036-7282
ナン風パンの餅(ペイ)

manchuria2004-036-7283
蒙古族の食堂主人と2ショット

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。