著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「旧満州走破行2004」(37)

10月3日(日)曇時々雪 根河→ハイラル(その3) 第13日目

 街道沿いの食堂で「羊肉三昧」の昼食を食べ終ると、ハイラルを目指して大興安嶺山脈西麓の道を南下していく。幾分、気温は上がったが、昼を過ぎても寒さに震えながらスズキQS110を走らせた。

 根河から286キロ走ってハイラルに到着。人口23万人の大きな町だ。周辺の人口は200万人を超えるという。

 ハイラルは昔から農耕民と遊牧民の交易の町として栄えてきた。この町をハルビンから中露国境の満州里に通じる鉄道が通っている。

 ハイラルはホロンベール市という伝説の新市名に名前が変るという。

 ホロンは男、ベールは女。邪心の男がある日、ベールをさらった。ホロンはその男と決闘し、ベールをとり戻したが、決闘の傷がもとで死んでしまう。ベールもホロンの後を追って死ぬ。そんな2人がホロン湖とベール湖になったという伝説だ。

 ホロン湖はハイラル南側の湖、ベール湖は国境を越えたモンゴル領内の湖で、ノモンハンの西側にある。

 ハイラル中心街の「貝爾大飯店」に泊まり、根河につづいてここでも少数民族オウンコ族の博物館を見学した。

manchuria2004-037-7284
ハイラルに向かって南下する

manchuria2004-037-7287
ハイラルに到着

manchuria2004-037-7288
少数民族オウンコ族の博物館を見学

manchuria2004-037-7291
トナカイ狩りをするオウンコ族の男

manchuria2004-037-7292
羊の乳しぼりをするオウンコ族の女

manchuria2004-037-7293
オウンコ族の家

manchuria2004-037-7294
オウンコ族の男女の服装

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。