1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25

Category: 旧満州走破行2004

Tags: ---

Comment: 0  

「旧満州走破行2004」(40)
10月4日(月)晴 ハイラル(その2) 第14日目

 早朝のハイラルの町歩きを終え、「貝爾大飯店」に戻ると朝食を食べ、9時出発。

 スズキQS110を走らせ、ハイラル周辺の蒙古族の牧畜民を訪ねる。国境の満州里に通じる幹線道路を右折し、一面に広がる大草原を走る。道の両側には4日前に降ったという雪がわずかに残っていた。

 羊の群れを見るようになる。その先ある牧畜民のパオ(テント)を訪ねた。
「サンバイノ(こんいちは)」
 と蒙古語であいさつすると、みなさんはニコリと笑って歓迎してくれた。蒙古族は漢族よりもはるかに日本人に近い。

 パオの入口にはピカピカのバイクを置いている。バイクは牧畜民たちの重要な足。パオの中を見せてもらった。中央にはストーブがある。燃料は干した牛糞。その両側にベッドがおかれている。

 別のパオでは羊の乳からチーズをつくっている。乳製品は肉と並ぶ主食。羊や山羊、牛、馬、ラクダなどからしぼった乳でさまざまな乳製品をつくっている。

 馬乳酒を出してくれたが、これは馬の乳を発酵させたもの。乳酸飲料といったもので弱い酒。それを蒸留した強い酒もある。馬乳酒と一緒に出してくれたのは酒粕を固めたもので、硬いのをカリカリかじる。チーズのような風味だ。

 蒙古族のチーズは多様。豆腐そっくりのチーズもある。ストーブの大鍋で加熱した生乳からはクリームチーズやバターオイルをつくる。脱脂乳は茶と塩を混ぜた乳茶にして飲む。乳酸菌発酵させた乳を撹拌してつくるヨーグルトもよく食べる。ヨーグルトは彼らの健康の源になっているという。

 このように蒙古族の牧畜民たちは生乳を加熱・撹拌したり、乳酸菌発酵させたり、アルコール発酵させたりして様々な乳製品をつくり出している。それは世界でも最高度に発達した「乳食文化」といっていい。

manchuria2004-040-7342
「貝爾大飯店」を出発

manchuria2004-040-7343
ハイラル近郊の大草原地帯を行く

manchuria2004-040-7397
羊の群れを見る

manchuria2004-040-7384
大草原のパオを訪ねる

manchuria2004-040-7386
バイクは牧畜民の大事な足

manchuria2004-040-7376
蒙古族の若い女性たち

manchuria2004-040-7362
パオの中を見せてもらう

manchuria2004-040-7391
羊の乳からチーズをつくる

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。