1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06

Category: 旧満州走破行2004

Tags: ---

Comment: 0  

「旧満州走破行2004」(45)
10月5日(火)晴 ハイラル→満州里(その3) 第15日目

 国道301号で地平線を目指して突っ走り、ハイラルから228キロ、中露国境の町、満州里に到着。満州里の町は中露の国境貿易でにぎわい、活気にあふれていた。

 そんな満州里の町から6キロ走り、国境に到着。鉄道沿いの道はここで尽きる。
「中国の道、ここに尽きる!」
 といった感じだ。

 国境には国境の郵便局があり、みやげ物などを売る国境の店があった。

 ちょうどうまい具合に、ロシア側から中国側に列車がやってきた。ジーゼルカーに引かれた貨物列車で原木を満載にしている。

 列車はロシア側、中国側のタワーをくぐり抜ける。

 ロシア側のタワーにはロシア語のキリル文字で「ロシア」、中国側のタワーには中国語の漢字で「中華人民共和国」と書かれている。

 国境線にはチェーンが張ってあるだけ。簡単にロシア側に入ることができた。これが満州里の鉄道沿いの中露国境だ。

manchuria2004-045-7505
国道301号で国境の満州里へ

manchuria2004-045-7506
中露国境の満州里に到着

manchuria2004-045-7507
中国の道、ここに尽きる!

manchuria2004-045-7515
国境の郵便局

manchuria2004-045-7516
国境の商店

manchuria2004-045-7509
ロシア側から列車がやってくる

manchuria2004-045-7510
原木を満載にした列車

manchuria2004-045-7525
「ここはロシアですよ~!」

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。