1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08

Category: 旧満州走破行2004

Tags: ---

Comment: 0  

「旧満州走破行2004」(46)
10月5日(火)晴 ハイラル→満州里(その4) 第15日目

 中露国境ではチケットを買い、鉄道をまたぐ国境タワーに登る。その上からロシア側からやってきた原木を満載にした貨物列車を見下ろす。

 ハルビンからチチハル、ハイラルと経由し、満州里に至るこの鉄道は、ロシア側に入るとチタでシベリア鉄道の本線に接続し、イルクーツク、ノボシビルスクと通り、欧亜を分けるウラル山脈を越えてモスクワからヨーロッパ各地に通じている。

 そう思うといたたまれない気持ちになり、このまま国境を越えて列車で「ユーラシア横断」をしてみたいという衝動にかられた。

 中露国境には平原を切り裂くように地平線のかなたまで、両国を分ける金網のフェンスが二重に張りめぐらされている。国と国の利害がモロにぶつかり合う国境の厳しさを見せつけているが、国境というのはその向こうの世界への強烈なあこがれを抱かせる場所でもある。

 世界の200ヵ所以上の国境を越えている「国境のカソリ」、満州里の中露(中国・ロシア)国境に立って大満足するのだった。

manchuria2004-046-7511
鉄道をまたぐ中国側の国境タワー

manchuria2004-046-7519
国境タワーから見下ろす木材満載の貨物列車

manchuria2004-046-7520
国境地帯に張りめぐらされた二重の金網

manchuria2004-046-7521
国境タワーの真下に見える中国・国境の碑

manchuria2004-046-7522
国境タワーからロシア側を見渡す

manchuria2004-046-7523
国境タワーから中国側を見渡す

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。