著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「旧満州走破行2004」(49)

10月7日(水)晴 満州里→ヤケシ(その1) 第16日目

 満州里のホテル「北方大飯店」で朝食を食べ、8時出発。中露国境のここ満州里からは来た道の国道301号を走り、ハイラルに戻る。

 その途中、ジャライノールで中露国境を流れるアルグン川を渡るが、この川が黒龍江(アムール川)の上流になる。

 黒龍江の源はモンゴルのヘンティ山脈。そこから流れ出るケルレン川が源流で、モンゴルの草原地帯をゆるやかに流れ、中国の内蒙古自治区に入ると名前をヘルレン川に変えて呼倫(フルン)湖に流れ込む。

 呼倫湖から流れ出る川がアルグン川で、ジャライノール近くでハイラル川を合わせて中露国境を流れ、最大の支流、シルカ川との合流点を過ぎると黒龍江(アムール川)になる。

 ジャライノールで国道301号を離れ、舗装路を南に30キロほど行くと呼倫湖に着く。湖岸にスズキQS110を停め、湖を眺めたが、海を思わせるほどの広さ。水平線が天と湖を分け、対岸はまったく見えない。

 呼倫湖は中国第5の大湖で面積は2200平方キロ。琵琶湖の3・2倍ほどの広さだ。

 呼倫湖はフルンボイル草原のただ中にあり、ヘルレン川が湖の南側に、中国・モンゴル国境の貝爾(ボイル)湖から流れてくる烏爾遜(ウルシュン)川が湖の東側に流れ込む。フルンボイル平原は、フルン湖とボイル湖の二つの湖に由来する。

 そんな呼倫湖の湖畔を歩いた。ここは内蒙古自治区でも有数の観光地で、湖畔には洒落た休暇村の宿泊施設があった。

manchuria2004-049-7535
7533、満州里のホテル「北方大酒店」を出発

manchuria2004-049-7588
7588、琵琶湖よりもはるかに広い呼倫湖

manchuria2004-049-7594
7594、呼倫湖畔の休暇村

manchuria2004-049-7595
7594、呼倫湖の湖畔を歩く

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。