1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
  02 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
22

Category: 旧満州走破行2004

Tags: ---

Comment: 0  

「旧満州走破行2004」(51)
10月7日(水)晴 満州里→ヤケシ(その3) 第16日目

 中露国境の満州里から国道301号でハイラルに向かったが、その手前の町、チェンバラクチーで昼食。少数民族、オウンコ族の食堂に入った。

 麺を注文。すると注文を受けてから麺をつくりはじめる。

 これ幸いとばかりに、調理場でオウンコ族の麺づくりを見せてもらう。

 小麦粉をよくこねると鏡餅型にし、それを人数分に切り分け、のし棒を使ってのしていく。のし終わると2つ折りにし、包丁で切って麺にし、ぐつぐつ煮たった肉汁の大鍋に入れて茹でる。肉は羊肉だ。

 オウンコ族の麺に野菜は一切、入っていない。それが漢族の麺との一番の違いになっている。不ぞろいの麺が手づくり麺を感じさせる。

 茹で上げた羊肉麺をフウフウいって食べたが、まさに「熱いがご馳走!」。一緒に食べた焼売もうまかった。

manchuria2004-051-7616
チェンバラグチーの中心街

manchuria2004-051-7618
オウンコ族の店で昼食

manchuria2004-051-7619
オウンコ族の女性

manchuria2004-051-7625
(麺づくりを見せてもらう)
小麦粉をこねる

manchuria2004-051-7626
こねた小麦粉を切る

manchuria2004-051-7643
のし棒でのす

manchuria2004-051-7653
包丁で切って麺にする

manchuria2004-051-7656
麺を大鍋に入れる

manchuria2004-051-7659
麺を茹でる

manchuria2004-051-7663
羊肉麺のできあがり

manchuria2004-051-7661
一緒に焼売を食べる

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment