著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「旧満州走破行2004」(55)

10月8日(金)晴 ヤケシ→チチハル(その2) 第18日目

 ヤケシを出発すると、前方に連なる大興安嶺山脈の山並みに向かってスズキQS110を走らせる。やがて山中に入り、峠道を登っていく。

 とはいっても日本の峠道のような険しさはなく、ゆるやかな勾配のカーブをいくつか曲がると最初の峠に到達だ。

 峠上にQS110を停めて雄大な風景を眺める。
 そこからは遙かかなたまで延びる峠道が見渡せる。さらにその向こうには次に越える峠が見えている。

 これが大陸の山脈。日本の山脈とは違って、1本の山並みというのではなく、何本もの山並みが束になって連なっている。そのため峠もひとつだけではなく、いくつもの峠を越えていく。

 そのうちのひとつの峠上には、興安の町があり、黒龍江省の省都ハルビンと中露国境の満州里を結ぶ鉄道の「興安駅」があった。おそらく、この興安駅のある峠が、東のネン川と西のハイラル川を分ける分水嶺の峠なのだろう。
 ちなみに「嶺」は中国では「峠」を意味する。
「大興安嶺」というのは「大興安峠」を意味している。

 そんな大興安嶺山脈の山中の町、ブクトを過ぎると、バックミラーに映る大興安嶺山脈の山並みは遠ざかり、前方には見渡すかぎりの大平原が茫々と広がっている。

manchuria2004-055-7701
大興安嶺山脈の峠に立つ

manchuria2004-055-7704
遙かかなたへと延びる峠道

manchuria2004-055-7707
大興安嶺山脈の山中を行く

manchuria2004-055-7708
興安の町に入っていく

manchuria2004-055-7711
峠上の興安駅

manchuria2004-055-7718
大興安嶺山脈の山並みはつづく

manchuria2004-055-7720
大興安嶺山脈の山中の町、ブクト

manchuria2004-055-7729
大興安嶺山脈を越えると一望千里の大平原

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。