1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
02

Category: カソリ&管理人の「サッカー談義」

Tags: ---

Comment: 0  

スペイン対イタリア戦
「ユーロ2012」の決勝戦、スペイン対イタリアはあまりにも一方的な試合展開になりましたね。大半の人がスペインが勝つと思っていたでしょうが、まさか4対0で勝つとは…。

 スペインの先制点、シルバのヘッドは絶妙な折り返しのおかげですが、ドンピシャのタイミング、スペインサッカーの精度の高さに驚嘆しましたよ。2点目も見事な連携プレーのもたらしたものでした。前半戦で完全に勝負アリ!という感じでしたね。

 スペインの怒涛の攻撃は後半もつづき、試合終了間際にさらに3点目、4点目。これら4点はすべて「流れ」の中からの得点で、セットプレーからの点は1点もありませんでした。試合時間がもう15分もあれば、スペインは2桁得点できそうな勢いでした。ほんとうに我が目を疑いましたよ。イタリアがまさかここまでボロ負けするとは…。

 結局、イタリアはドイツ戦で燃え尽きてしまったということなのでしょうね。

 ヨーロッパを熱狂の渦に巻き込んだ「ユーロ2012」が終りました。心の中をスーッと、秋風が吹き抜けていくような寂しさを感じます。この1ヵ月、ほんとうに楽しませてくれました「ユーロ2012」には感謝、感謝。

「ヨーロッパのレベルはやっぱり高い!」、それが今回の印象です。開催国のポーランドとウクライナはよかったですね。ヨーロッパの辺境のような両国の国民が、今大会を通して、「我らヨーロッパ人!」という強いヨーロッパとの一体感を持つことが出来たと思います。さー、今度はW杯だ!

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment