著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「旧満州走破行2004」(56)

10月8日(金)晴 ヤケシ→チチハル(その3) 第18日目

 大興安嶺山脈を越え、内蒙古自治区の国道301号を走る。一望千里の大草原を行く。

 パーリンの町を過ぎると、稲刈りの終った水田を見るようになる。ザラントゥンの町近くの国道沿いのレストランで昼食。豚足とアヒルの足、小さな川ガニ、モヤシ料理、トマトスープ、それと炒飯を食べた。米作地帯に入ったからなのか、炒飯の米がうまかった。

 アルンチーの町の近くで内蒙古自治区と黒龍江省の境界に到達。スズキQS110を境界線上に止めた。
 これで内蒙古自治区とはお別れ。

 今回は内蒙古自治区の北部地域をまわったが、その全域が旧満州になる。

 内蒙古は広い。面積は118万平方キロで日本の約3倍。人口は2400万人。だが、人口の大半は漢族。蒙古族は2割にも満たない。

 内蒙古自治区の「自治区」とは名ばかりで、実際は中国の植民地といったところだ。まあそれはおいて、東西に長い内蒙古自治区をいつの日か横断したいと思った。そこはシルクロードの北の世界になる。

manchuria2004-056-7731
内蒙古の国道301号を行く

manchuria2004-056-7732
国道沿いのガソリンスタンド

manchuria2004-056-7737
稲刈りの終った水田

manchuria2004-056-7740
国道301号沿いのレストランで昼食

manchuria2004-056-7741
内蒙古自治区と黒龍江省の境界

manchuria2004-056-7742
チチハルまであと90キロ

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。