1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
18

Category: 旧満州走破行2004

Tags: ---

Comment: 0  

「旧満州走破行2004」(58)
10月9日(土)晴 チチハル→ハルビン(その1) 第19日目

 早朝のチチハルの町を歩き、ホテルに戻ると朝食。ここでも前日のヤケシと同じように茶粥を食べた。茶粥にはナツメの実が入っていた。そのほか粟粥、白粥(米粥)も食べた。

「朝粥三昧」をしたところで何種ものおかずと一緒に饅頭、炒飯を食べた。中洋折衷の朝食で「中」のあとは「洋」で締める。コーヒーを飲みながら焼きたてのパンを食べた。

 黒龍江省第2の都市チチハルを出発すると、郊外の「扎龍自然保護区」に寄っていく。

 ここは日本の釧路湿原のような大湿地帯で、丹頂鶴が飛来する。その数は400羽。その名の通り、丹頂鶴の頭頂のきれいな赤色が目に残った。

 チチハルからは高速道路のような4車線の道を行く。

 中国ではバイクでの高速道路の通行は禁止されているが、この準高速道路は問題なく走れる。ということでスズキQS110のエンジン全開で準高速道路を走った。QS110はじつにいいバイクで110㏄とは思えないような高速性能の良さを見せてくれた。

manchuria2004-058-7762
チチハルを出発

manchuria2004-058-7769
「扎龍自然保護区」に入っていく

manchuria2004-058-7767
「扎龍自然保護区」の湿地帯

manchuria2004-058-7771
丹頂鶴が群れている

manchuria2004-058-7775
丹頂鶴に接近!

manchuria2004-058-7777
4車線の道を行く!

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment