1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
25

Category: 旧満州走破行2004

Tags: ---

Comment: 0  

「旧満州走破行2004」(61)
10月10日(日)晴 ハルビン→チャムス(その1) 第20日目

 さー、いよいよ「ハルビン→ハルビン」の第2弾目を開始。第2弾目では中国最東端の地、撫遠を目指す。

 ひと晩泊まった松花江近くのホテル「民族飯店」の朝食を食べ、7時出発。スズキQS110を走らせ、ハルビンの中心街を走り抜けていく。

 郊外に出ると、一面のトウモロコシ畑。すでに収穫の終った畑とこれから収穫する畑が1本の線を境にして隣りあっている。通り過ぎていく家々の庭には収穫されたトウモロコシが山積みにされている。

 トウモロコシの収穫現場ではバイクを止めて、収穫の作業をしばらく見せてもらった。

 豊かな農業地帯を走り、12時30分、方正の町に到着。ここには多くの日本人開拓団が入ったと聞いている。

 町の中心にある餃子専門店「百年蒸餃」で昼食。店名の通り、ここの餃子は「蒸し餃子」のみ。店の主人は我々の注文を聞いてから、店の外にある蒸籠で餃子を蒸しはじめる。しばらく待って出来上がり。

 出来立ての蒸し餃子はじつにうまかった。それと飯、汁という昼食だ。

manchuria2004-061-6454
ハルビンを出発

manchuria2004-061-7818
一面のトウモロコシ畑が広がる

manchuria2004-061-7826
収穫されたトウモロコシ

manchuria2004-061-7837
トウモロコシの収穫現場

manchuria2004-061-7842
方正の町に到着

manchuria2004-061-7844
方正の「百年蒸餃」で昼食

manchuria2004-061-7851
蒸し餃子を食べる

manchuria2004-061-7849
これが餃子の調味料

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment