著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「旧満州走破行2004」(66)

10月12日(火)雨のち曇 同江→撫遠(その1) 第22日目

 同江のホテルのレストランで朝食。主食は粥と饅頭。粥は白米とトウモロコシの2種。おかずは野菜炒め、紅豆腐、キューリの漬物、それと南京豆だ。炒った南京豆は中国の朝食には欠かせないものだが、おかずというよりも食前によく食べる。

 8時、出発。冷たい雨がしとしと降っている。雨に濡れながら走り、中国最東端の町、撫遠を目指す。今にも雪に変りそうなほど冷たい雨に、泣きながら走りつづけた。

 同江から200キロほど走り、撫遠に近づいた頃、やっと雨は上がった。

 撫遠の町の入口には「東方第一県」と書かれた門。それをくぐり抜け、撫遠の町に入っていく。ゆるやかな坂道を下って中心街へ。前方にはロシアとの国境を流れる黒龍江が見える。

 町中を走り抜け、黒龍江の河畔へ。そこには「東極撫遠」の碑が建っている。「東極」というのは中国最東端の意味。中国最西端は西極だし、最北端は北極、最南端は南極になる。

 ところで実際の最東端はここよりもさらに東で、次の日に行くことにする。

「東極撫遠」の碑の前に立ち、中国最東端の黒龍江を目に焼き付けたところで撫遠の中心街に戻る。時間はまだ昼前だったが、ホテルにチェックイン。さんざん冷たい雨にやられたので、すぐさま熱い湯のシャワーを浴びる。ほんとうに生き返るような思いだった。

manchuria2004-066-7983
朝食のトウモロコシ粥

manchuria2004-066-7987
朝食の饅頭

管理人より:
2連発のカソリがくどいって? ワタクシもそう思いましたが、このくどさがちょっと笑えたので採用(笑)

manchuria2004-066-7991
撫遠への道。冷たい雨が降っている

manchuria2004-066-7995
撫遠近郊の広大な農地

manchuria2004-066-8002
撫遠入口の門

manchuria2004-066-8005
撫遠の町に入っていく

manchuria2004-066-8032
撫遠を流れる黒龍江

manchuria2004-066-8026
黒龍江の河畔に建つ「東極撫遠」の碑

manchuria2004-066-8008
ホテルのフロントの女性

manchuria2004-066-8007
ホテルの部屋から眺める撫遠

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。