1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27

Category: 旧満州走破行2004

Tags: ---

Comment: 0  

「旧満州走破行2004」(69)
10月13日(水)晴 撫遠(その1) 第24日目

 撫遠のホテルで朝食を食べ、中国・最東端の地に向けて出発。スズキQS110を走らせ、東へ、東へと荒野に延びる一本道を行く。すれ違う車はまったくない。やがて遠くに山並みが見えてくる。ロシアの山だ。そのロシアの山は次第にはっきりとしてくる。

 撫遠の町から38キロ地点で、中露国境を流れるウスリー川の河畔に出、一本道は途切れる。そこには中国軍の国境警備隊の要塞とタワーがあった。

 ウスリー川は全長897キロ。信濃川の2・5倍の長さがある。その源はロシアのウラジオストクのすぐ近く。日本海に沿ったシホテアリニ山脈はウスリー川の源流地帯になっている。ロシアの沿海州はウスリー川とともにあるといっていい。

 1860年の北京条約でロシアは中国からウスリー川以東の地を手に入れたが、満州国の時代には、この川をはさんで日本の関東軍とソ連軍が対峙した。

manchuria2004-069-8051
朝食の饅頭

manchuria2004-069-8053
中国・最東端の地へ

manchuria2004-069-8054
ロシアの山が見えてくる

manchuria2004-069-8058
中露国境を流れるウスリー江

manchuria2004-069-8060
ハバロフスクの方向へと流れていくウスリー江

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。