著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「旧満州走破行2004」(74)

10月14日(木)晴 撫遠→チャムス(その2) 第25日目

 中国最東端の町、撫遠から二龍山経由の道でチャムスへ。二龍山の町で昼食を食べ、幅広の2車線の道をひたすらチャムスを目指してスズキQS110を走らせた。

 この一帯はビート(砂糖大根)の産地。製糖工場の前にはビートを満載にしたトラックが長蛇の列をつくっていた。

 チャムスに近づいたところでは「同三公路」に合流。同江から145キロの道標を見る。同三公路というのは黒龍江河畔の同江から大連へ、大連港からはフェリーで山東半島の煙台港に渡り、上海、広州と通り、海南島の三亜へとつづく全長6000キロ余のルート。いつの日か、その全線をバイクで走ってみたいと思っているルートだ。

 チャムスに到着したのは17時45分。撫遠から493キロ。QS110の走破性は抜群で、1日で500キロぐらいの距離は平気で走ってくれる。すごいぞ!

 往路ではチャムスから同江経由で撫遠まで行ったが、その距離は480キロ。二龍山経由の道はそれよりも若干、長くなるが、交通量の少ない快走路なのでより速く走れる。

 チャムスの夕食。ホテル近くの町中の食堂で食べた。
 1、焼き餃子
 2、川魚の唐揚げ
 3、ジャガイモ入りの野菜炒め
 4、満州風カツレツ
 5、豚の胃
 6、幅広米粉
 7、鶏の唐揚げ

 というもので、いつものように満腹、満腹。中国では食べて、食べて、食べまくる。
 それが中国流なのだ。

manchuria2004-074-8118
製糖工場前に並んだトラック群

manchuria2004-074-8119
トラックの荷台のビート

manchuria2004-074-8123
同三公路の道標

manchuria2004-074-8126
チャムスの食堂の調理場

manchuria2004-074-8124
焼き餃子

manchuria2004-074-8127
満州風カツレツ

manchuria2004-074-8131
川魚の唐揚げ

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。