1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
11

Category: 旧満州走破行2004

Tags: ---

Comment: 0  

「旧満州走破行2004」(76)
10月16日(土)晴 ハルビン→大連(その1) 第27日目

 ハルビンの「民族飯店」での朝食を食べ、スズキQS110に乗ってハルビンスズキへ。そこでは大歓迎を受けた。爆竹が鳴らされ、くす玉が割られた。アドバルーンには「熱烈慶祝日本友人賀曽利先生騎遊凱旋」と大書されている。

 ここでQS110を返却したが、最終的な走行距離は6216キロになった。

 QS110はじつにいいバイクだった。信じられないほどの走りの良さ。その感じたことを箇条書きにしてみた。
 1、乗りやすい。
 1、エンジンの始動性がいい。氷点下10度でも一発でかかった。
 1、ライトが明るい。ナイトランがすごく楽だった。
 1、110ccとは思えないほどの高速性能。時速90キロから100キロぐらいの巡航速度で連続走行ができた。
 1、エンジンがタフだ。
 1、タイヤの耐久性が抜群にいい。6000キロを超えてもそれほどの減りはない。
 1、ツーリングに使うのには5リッタータンクは小さい。
 1、オイルが0・8リッターでしかないので、こまめにオイル交換をした。2000キロではオイル交換をした。

 まあ、こんなところか。
 スズキQS110は日本に持って帰りたくなるほどいいバイクだった。ありがとうよ、QS110!

manchuria2004-076-8166
ハルビンスズキに戻ってきた!

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment