1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
15

Category: 旧満州走破行2004

Tags: ---

Comment: 0  

「旧満州走破行2004」(80)
10月17日(日)晴のち曇 大連→瀋陽(その1) 第27日目

 翌日は大連から日露戦争(1904年~1905年)の激戦地、旅順へ。

 旅順は今でも軍港で、1996年以降、一部が解放された。市内の人口は7万人。町を路面電車が走っている。
 1950年に大連・旅順・金州が合併し、旅大市になったが、1981年に「大連市」に改称された。

 旅順の「旅順口」が日露戦争遺址として中国の史跡になっている。そこには日本軍の司令部跡や陣地跡、ロシア軍の要塞跡などが残されている。

 かの有名な203高地への登り口には観光用の籠がズラリと並んでいる。その頂上には記念塔。そこからは旅順港を見下ろす。反対側に目をやると旅順の町並みが見える。

「水師営会見所」は乃木希典とロシア軍司令官の会見場。そこには当時の写真が展示されている。

 旅順の203高地をめぐる攻防戦は激しいもので、日本軍は16000人、ロシア軍は10000人もの死者を出した。この戦いで日本軍は勝利し、その結果、ロシアの旅順艦隊は壊滅的な状態に陥り、日露戦争で日本はロシアに勝った。世界を驚かせた日本の勝利。ここは司馬遼太郎の『坂の上の雲』の舞台だ。

manchuria2004-080-8244
日本軍の司令部跡

manchuria2004-080-8249
日露戦争の記念碑

manchuria2004-080-8251
旅順の町並みを見下ろす

manchuria2004-080-8253
かつての激戦の地で果物を売っている

manchuria2004-080-8264
203高地への観光籠

manchuria2004-080-8265
203高地の記念塔

manchuria2004-080-8277
ロシア軍の大砲

manchuria2004-080-8281
水師営会見場

manchuria2004-080-8288
乃木希典とロシア軍司令官会見の写真

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment