1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05

Category: 旧満州走破行2004

Tags: ---

Comment: 0  

「旧満州走破行2004」(87)
10月18日(月)曇のち晴 瀋陽(その4) 第28日目

 瀋陽の町歩きを終え、連泊の「商貿飯店」に戻った。

 日が暮れたところでホテルを出発。夕暮れの町を歩き、上海料理の店「梅龍鎮」に入った。
「旧満州走破行」最後の夕食。アヒル肉、アヒルのレバーと、「アヒル」がメイン。

 湯波料理も出た。中国では湯波のことを「豆腐皮(トーフピア)」といっている。湯波の中に野菜などの詰め物がしてある。

 それと何と氷の上にのせたサーモンの刺身が出た。中国で刺身を食べるようになったのは最近のこと。これは日本食の影響といえる。

 最後はワンタン。胃にやさしいとでもいおうか、上海料理は東北料理に比べるとはるかに薄味で淡白。慣れ親しんだ東北料理はまさに田舎料理で味が濃く武骨だ。

 夕食を終え、「梅龍鎮」を出、夜の瀋陽の町をプラプラ歩く。いよいよ東北(旧満州)を離れるとなると、急に東北料理がなつかしくなってくる。1ヵ月あまり、毎日、食べつづけた東北料理の数々が目に浮かんでくるのだった。

manchuria2004-087-8451
「商貿飯店」を出発

manchuria2004-087-8453
上海料理の「梅龍鎮」で夕食

manchuria2004-087-8456
メインはアヒル肉とアヒルのレバー

manchuria2004-087-8458
湯波料理

manchuria2004-087-8459
サーモンの刺身

manchuria2004-087-8465
最後は上海風のワンタンだ

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。