著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カソリの温泉めぐり・東京編」(2)

 平和島温泉から第一京浜(国道15号)の平和島口交差点に戻ると、そこからは旧東海道を歩く。

 日本橋を出発点とする東海道は、東京都内では品川宿と大森、六郷の3区間にのみ旧道が残っている。それだけに大森の第一京浜の東側を通る旧東海道は貴重な存在だ。

 さすが「海苔の大森」だけあって、海苔問屋が目につく。

「和中散」の店跡もあった。
「和中散」というのはよく知られた東海道の道中薬。大森には3軒の和中薬の店があったとのことで、ここ中原の店は江戸に最も近い人気の店だったという。宝永年間(1704年~1711年)創業の店は、昭和11年(1936年)までつづいたという。

「海苔」と「和中散」それと「麦藁細工」が、大森の三大名産品になっていた。

 旧東海道は環七にぶつかる。
 東京の幹線道路に出るといっぺんに現実に引き戻されるような感じがするが、環七を横切り、さらに旧東海道を歩く。産業道路との分岐点、大森警察署のある交差点で第一京浜に吸収され、幅広の道になる。

 旧東海道の大森区間を歩けてほんとうによかった。これも平和島温泉のおかげというもの。第一京浜の「駅入口」の信号を右に曲がり、京急の大森町駅前に出た。ここからは京急の各停で京急蒲田駅に向かうのだ。

京急編 018_small
平和島温泉「クワハウス」に隣接する複合ビル

京急編 024_small
旧東海道を歩く

京急編 021_small
大森の旧東海道

京急編 023_small
環七近くの旧東海道

京急編 027_small
京急大森町駅の高架化完成

京急編 029_small
高架になった京急大森町駅

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。