著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カソリの温泉めぐり・東京編」(4)

 京急蒲田駅で下車した蒲田では、温泉銭湯「蒲田温泉」(入浴料450円)の湯に入った。真っ黒な黒湯。低温湯(42度)と高温湯(46度)の2つの湯船。湯に入れた手はまったく見えない。東京の温泉の大半は黒湯だが、蒲田温泉の黒湯はとくに黒い。人工温泉の2つの湯船は無色透明の湯。ひとつは電気風呂でビリビリッとくる。もうひとつは超音波風呂だ。

 湯から上がると、2階の無料休憩室へ。そこでは大田区のB級グルメ「東京大田汐焼きソバ」(680円)を食べた。うどん風の麺がいい味を出している。

 京急蒲田駅に戻ると、次の雑色駅で下車。ここでは温泉銭湯「さがみ湯」(入浴料450円)に入る。大浴場と露天風呂の温泉は黒湯。大浴場には白湯の湯船もある。

「京急編」の第4湯目は、雑色駅の次の六郷土手駅で下車する六郷温泉。駅の近くにある温泉銭湯「六郷温泉」(入浴料450円)の黒湯に入った。ここは東京の温泉銭湯の老舗的存在。「これぞ温泉銭湯!」という風情が漂っている。

 こうして東京の温泉めぐり第1弾目の「京急編」を終えたが、第2弾目の東急編・池上線編では13湯、小田急・京王編では7湯、大江戸線編では4湯、浅草・上野編では5湯、足立区編では3湯、池袋・東上線編では4湯と合計40湯の「東京の温泉」に入った。

京急編 040_small
「蒲田温泉」

京急編 044_small
「蒲田温泉」2階の無料休憩室

京急編 049_small
雑色の商店街

京急編 061_small
京急六郷土手駅に到着

京急編 063_small
「六郷温泉」

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。