著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鵜ノ子岬→尻屋崎2012」(1)

「東日本大震災」1年後の東北太平洋岸を走ろうと、2012年3月10日10時、東京・落合の山手通りに面した「スズキワールド新宿」を出発した。

 バイクはスズキのニューモデル、V-ストローム650ABS。全車、ABSのブレーキシステムを装着している。

 山手通りから首都高に入り、三郷料金所から常磐道を一路、北へ。

 V-ストロームの高速性能は抜群の良さ。アクセルを軽くひねるだけでキュィーーーンという心地よいエンジン音とともに一気に加速する。

 V-ストロームはロングツーリングにはピッタリなバイクだ。

 ポジションのとり方が楽なので自然体で乗れるし、20リッターという大型のタンク容量なので500キロ近く走れるし、2灯式のライトは明るいし、リアにほとんど段差がないので荷物も楽々積める。

 ということで今回は宿がとれないときのために、キャンピング用具一式の入ったツーリングバッグをリアにくくりつけている。

 ところでその3ヵ月前、2012年の正月はニュージーランドで迎えた。

 ニュージーランド南島の中心、クライストチャーチを拠点にレンタルバイクで2200キロ走ったのだが、これが縁というものなのだろう、バイクはV-ストロームだった。

 ニュージーランド南島ツーリングの拠点となったクライストチャーチは、「東日本大震災」の1ヵ月前、2011年2月22日にM6・1の直下型地震に見舞われ、町の中心街は壊滅的な被害を受けた。

 ニュージーランド南島ツーリングでは大地震の10ヵ月後に行ったのだが、中心街の広範なエリアには非常線が張られたままで、立入禁止になっていた。そんな町の姿を目の底に焼きつけて日本に帰ってきたのだった。

 常磐道では一気に東北に入るのではなく、関東側最後の北茨城ICで高速を降り、大津漁港へ。こうして「鵜ノ子岬→尻屋崎2012」が始まった。

IMG_8175_small_20130114125540.jpg
スズキの650ccバイク、V-ストローム

IMG_8178_small_20130114125539.jpg
V-ストロームのフロント

IMG_8177_small_20130114125542.jpg
V-ストロームのエンジン

IMG_8180_small.jpg
常磐道の三郷料金所を出発

IMG_7015_small_20130114125539.jpg
ニュージーランド南島クライストチャーチの地震の爪痕

IMG_7016_small.jpg
クライストチャーチの中心街は立入禁止

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。