著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鵜ノ子岬→尻屋崎2012」(11)

 松川浦から海岸近くの県道38号を北上。相馬市から新地町に入ると、新地の火力発電所前を通るが、この石炭火力の発電所は操業を再開している。

 かつての新地の町跡に到着。海沿いの町並みは消え去り、家々のコンクリートの土台だけが残っている。まるで遺跡の町跡を見るかのようだ。

 JR常磐線の新地駅は跡形もない。震災2ヵ月後に来たときは流された線路や新地駅のグニャッと曲がった跨線橋が見られたが、それらはすべて撤去され、今ではどこが新地駅だったのかを探すのも難しい。駅前にあった巨大な瓦礫の山もなくなっている。

 高さ21メートルの巨大津波に襲われた新地の海岸一帯では、100人以上のみなさんが亡くなった。今では家一軒、残っていない。まさに荒野といっていいような風景が広がっている。その中に立つと、もう言葉もない。

 福島県道38号は県境を越えると宮城県道38号になるが、県境の手前の川にかかる橋は落下したままで通行不能。橋の落下した現場にカソリのVストロームと斉藤さんの車を止め、破壊された堤防越しに、しばし青い太平洋を眺めるのだった。

IMG_8288_small_20130209105746.jpg
新地の被災地を行く。家一軒ない

IMG_8290_small.jpg
県境近くの落下したままの橋

IMG_8291_small.jpg
破壊された堤防越しに海を見る

IMG_8293_small_20130209105745.jpg
山のように積み上げられた墓石

IMG_8294_small_20130209105753.jpg
JR常磐線の線路跡

IMG_6503_small.jpg
2011年5月11日の新地駅

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。