著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鵜ノ子岬→尻屋崎2012」(39)

 石巻からは国道45号を北へ。

 河北ICで三陸自動車に入り、終点の登米東和ICで降りる。仙台からつづく三陸自動車道の開通区間はここまで…。三陸海岸の1日も早い復興のためにも、この三陸自動車道の1日も早い全線の開通を願うばかりだ。

 三陸自動車道終点の登米東和ICから国道398号→県道202号→国道346号→国道45号で気仙沼へ。石巻から気仙沼に行くのには、このルートが最速のルートになる。距離は43キロでしかないのに、3時間もかかった。三陸自動車道が開通すれば1時間もかからずに行ける距離だ。

 石巻から気仙沼まではずっと雨…。冷たい雨中の走行には辛いものがあったが、
「雪にならなくてよかった!」
 と、天に感謝した。

 気仙沼に到着したのは18時30分。

 高台の「ホテル望洋」に泊まった。高台の下は一面、大津波に襲われた被災地なので、まったく明かりがない。それが何とも不気味だった。

 スズキ二輪のMさんや「スズキきずなキャリイキャラバン」のみなさんと一緒に夜の気仙沼を歩き、漁港近くに完成した仮設の「復興屋台村」の店、一軒一軒をのぞいていく。そこには明かりが灯り、暖かさが漂い、店内からは笑い声が聞こえてくる。

 我々はそんな「復興屋台村」の中にある「はまらん家」という店に入り、まずは気仙沼の復興第一歩を祝して生ビールで乾杯。
 いやー、うまい!
 気仙沼名物の「はまらん焼」を食べながらさらに乾杯を繰り返した。

 気仙沼では仮設商店街の「復幸マルシェ」やこの仮設の「復興屋台村」が完成した。気仙沼漁港では水揚げがはじまり、仮設の水産加工施設も完成した。ここで感じるのはみなさんの復興に向けての熱意だ。
「頑張れ、気仙沼!!」

IMG_8634_small_20130319205634.jpg
気仙沼の「ホテル望洋」に到着

IMG_8637_small_20130319205635.jpg
気仙沼の「復興屋台村」

IMG_8640_small.jpg
「復興屋台村」を歩く

IMG_8641_small.jpg
「復興屋台村」の「はまらん家」

IMG_8643_small_20130319205636.jpg
「はまらん家」の「はまらん焼」

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。