1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14

Category: 鵜ノ子岬→尻屋崎2012

Tags: ---

Comment: 2  

「鵜ノ子岬→尻屋崎2012」(59)
 宮城県の唐桑半島から国道45号に出ると、県境を越えて岩手県の陸前高田に入った。

 東日本大震災で町が消えた陸前高田は、今回の「平成三陸大津波」の最大の被災地といっていい。高田松原で唯一残った「奇跡の松」も枯れてしまった。

 陸前高田の海岸は地形が変わり、高田松原海水浴場の長い砂浜は消えた。家族連れで賑わった夏の海水浴場のシーンが、しきりに目に浮かんでならなかった。

 かつては大勢の人たちを集めた国道45号沿いの人気の道の駅「高田松原」は、大津波に襲われた時のままの無残な姿をさらしている。国道沿いの高層ホテルも残っていた。その1階はまるで廃墟のようだ。

 陸前高田からは県道38号で広田半島南端の広田崎へ。駐車場にV-ストロームを停め、遊歩道を下り、岬突端の展望台に立った。そこからの眺めは絶景。手前には青松島、その向こうにはウミネコの島、椿島が見える。太平洋は抜けるような青さだ。

 つづいて広田半島東端の黒崎へ。岬の突端に立つと、広田崎がよく見える。その先の青松島と椿島も見える。長く延びる唐桑半島も見える。その先端が御崎になる。

 陸前高田市から大船渡市に入ると、末崎半島南端の碁石岬へ。

 ここでも駐車場にV-ストロームを止め、松林の中の遊歩道を歩き、岬突端の展望台に立った。正面には広田半島が見えている。その先端が黒崎になる、岬から岬を見るのはじつにいいものだ。それにしても三陸海岸の海の青さは強烈で、目の底に残った。

IMG_0926_20130614114453.jpg
陸前高田の道の駅「高田松原」跡

IMG_0931.jpg
広田崎の展望台

IMG_0932.jpg
広田崎からの眺め

IMG_6866.jpg
黒崎からの眺め

IMG_0949.jpg
碁石岬の灯台

IMG_0950.jpg
碁石岬の展望台

IMG_0951.jpg
碁石岬からの眺め

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Re: タイトルなし
(管理人)コメントありがとうございます!
写真の一番下、あずまやに圧倒されました!

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。