1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22

Category: 鵜ノ子岬→尻屋崎2012

Tags: ---

Comment: 0  

「鵜ノ子岬→尻屋崎2012」(61)
 山田からは「日本の秘境」の重茂半島に入っていく。

 本州最東端の岬、トドヶ崎への入口が姉吉漁港。ここは今回の平成三陸大津波で38・9メートルという最大波高を記録した所。漁港は大津波に飲み込まれ、大きな被害を受けたが、姉吉の集落は無傷で残った。

 姉吉にも「大津波記念碑」が建っているが、それには「ここより下に家を建てるな!」と書かれている。

 明治三陸大津波、昭和三陸大津波で集落が全滅した姉吉は、その「津波記念碑」の教えをしっかりと守った。昭和三陸大津波以降、すべての家が「大津波記念碑」よりも上に建てられたので、今回の高さ40メートルという巨大な壁のような大津波に襲われても、1軒の家も流されることはなかった。

 姉吉漁港から遊歩道の山道を1時間ほど歩くと本州最東端のトドヶ崎に出る。その間の道標はしっかりとしている。地震によって崩れた箇所は一か所もなかった。

 トドヶ崎に到着すると、東北一のノッポ灯台が目に飛び込んでくる。灯台の白さが目にしみる。灯台から岬の岩場を歩いたところに「本州最東端」の碑が建っている。目の前の太平洋の水平線上を北海道方向へ、白いフェリーが行く。

 名残おしいトドヶ崎だったが、岬をあとにし、姉吉漁港に戻った。そして重茂半島をグルリとまわり、国道45号に出た。

IMG_0977.jpg
山田の町並み

IMG_0981.jpg
姉吉漁港に到着

IMG_0983.jpg
トドヶ崎への道の入口

IMG_0986.jpg
トドヶ崎への道標

IMG_0987.jpg
トドヶ崎の灯台

IMG_0992.jpg
トドヶ崎の「本州最東端碑」

IMG_0993.jpg
トドヶ崎からの眺め

IMG_0996.jpg
姉吉の「大津波記念碑」

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。