1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
15

Category: 南米・アンデス縦断2007-2008

Tags: ---

Comment: 0  

「南米・アンデス縦断」(2)
 2007年12月5日、いよいよ出発の朝を迎えた。

 ペルーの首都リマを出発点にし、世界最南の町、ウシュアイアを目指してアンデス山脈に沿って南下していくのだ。

「ラシエンダ・ホテル」のレストランでトーストとチーズ、ハム、ベーコン、ソーセージの朝食を食べると、我ら18名のメンバーはホテル前の駐車場に勢ぞろいした。

「目指せ、ウシュアイア!」
 と、全員で気勢を上げ、各人のバイクのエンジンをかけて走り出す。

 15台のバイクにはサポートカーが1台ついた。それには道祖神の菊地さんとメカニックの小島さん、ガイドの日系人のヤマグチさん、それと女性の参加者1名が乗っている。運転手はペルー人のアンドレスだ。

 カソリ号はスズキの400ccバイク、DR-Z400S。このDRでは道祖神のバイクツアー、「賀曽利隆と走る!」シリーズのうち、2002年の「ユーラシア横断」(1万5970キロ)、2004年~2005年の「サハラ縦断」(6763キロ)、2005年の「韓国縦断」(2974キロ)、2006年の「シルクロード横断」(1万3171キロ)を走っている。

 リマ市内のガソリンスタンドで給油し、太平洋岸の国道1号を南下。20キロほど走ったところで海岸に出ると小休止。そこからは太平洋を右手に見ながら走った。

 街道沿いの町のレストランで昼食。我々は走り出した喜びもあって、テーブルを囲みながら話が弾んだ。

 ここでの昼食は「アロス」と「カウカウ」。アロスはライスで、カウカウはジャガイモの煮込み。その中には牛の腸か入っている。それにユカイモのフライの「ユカスフリータス」がつく。ユカイモというのは、南米(アマゾン流域)原産のキャッサバのこと。ジャガイモも南米(アンデス高地)原産。ジャガイモやユカを食べていると南米を強く実感するのだった。

IMG_5772.jpg
朝食のチーズ、ハム、ベーコン、ソーセージ

IMG_5774.jpg
我らのバイクが勢ぞろい!

IMG_5776.jpg
ガソリンスタンドで給油し出発

IMG_5778.jpg
街道沿いの町のレストランで昼食

IMG_5781.jpg
「南米・アンデス縦断」のメンバー

IMG_5767.jpg
「アロス・コン・カブカブ」

IMG_5770.jpg
「ユカフリータス」

IMG_5769.jpg
ガイドの日系人のヤマグチさん

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment