1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
16

Category: 南米・アンデス縦断2007-2008

Tags: ---

Comment: 0  

「南米・アンデス縦断」(3)
 昼食を食べ終わると出発。ところが1台のバイクがパンクしている。メカニックの小島さんの出番だ。見事な早業であっというまにパンク修理を終え、我々は何事もなかったかのように走り出した。

 太平洋岸の国道1号を南下。夏のバカンスの季節ということもあって、浜辺では家族連れの姿を多く見かけた。ところが日本の夏の海水浴場とは異なり、海に入る人は誰もいない。寒流のフンボルト海流の影響で、海水は冷たく、とてもではないが海には入っていけないのだ。

 そればかりではない。
 海から冷たい霧が押し寄せてくると、熱帯圏にもかかわらず、DR-Z400Sに乗っていると震えてしまうほどだ。

 右手に太平洋、左手にはアンデスへとつづく山並みを眺めながら走り、18時、リマから300キロの町、イカに到着。ここの「レアル・ホテル」に泊まる。プールつきのホテルだが、暑くはないので、ひと泳ぎしようという気分にはならなかった。

 メンバーのみなさんとは、さっそく宴会を開始。「ポジョ」(鶏肉)を食べながら、ペルーのビール、「クリスタル」を飲み干した。

 ホテルのレストランでの夕食は「ビーフステーキ」。それにはライスとポテト、トマト、サラダ菜が添えられている。

 リマに到着して以来、ほとんど毎食、ライスを食べているが、ペルーでは米がよく食されているようだ。

IMG_5782.jpg
パンクの修理をするメカニックの小島さん

IMG_5780.jpg
国道1号沿いの町

IMG_5787.jpg
イカの「レアル・ホテル」

IMG_5783.jpg
「ポジョ」を食べながらビールを飲む

IMG_5784.jpg
夕食の「ビーフステーキ」

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment